@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

産業投資特別会計【さんぎょうとうしとくべつかいけい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

産業投資特別会計
さんぎょうとうしとくべつかいけい
財政投融資一環として出資貸付けを行なった特別会計。1953年,経済再建,産業の開発,貿易の振興を目的として産業投資特別会計法に基づき創設された。2008年,「特別会計に関する法律」により財政融資資金特別会計と統合され,財政投融資特別会計となった。エロア基金ガリオア基金などアメリカ合衆国からの援助を基礎に設立された米国対日援助見返資金特別会計見返資金特別会計)の承継資産 2294億円,一般会計からの承継資産 1187億円の計 3481億円を資本として発足。のち経済援助資金特別会計の資産などを引き継いだ。これらの資産からの収入,一般会計からの繰り入れおよび外貨債発行収入などを投資財源とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぎょうとうしとくべつかいけい【産業投資特別会計】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

産業投資特別会計
さんぎょうとうしとくべつかいけい

特別会計の一つであり、民間から集めた資金や一般会計からの出資金などをもとに融資活動を行うために設けられていた融資特別会計。2008年度(平成20)に財政融資資金特別会計と統合されて財政投融資特別会計となった。

 産業投資特別会計は、経済の再建、産業の開発、貿易の振興を目的として、国の財政資金をもって投資(出資および貸付)を行うために、1953年(昭和28)に設置された。その前身は1949年に創設された米国対日援助見返資金特別会計であり、これからの承継資産の2294億円と一般会計からの承継資産の1187億円を資本として、産業投資特別会計は発足をみたが、その後、経済援助資金特別会計などの資産も承継していた。

[林 正寿]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産業投資特別会計」の用語解説はコトバンクが提供しています。

産業投資特別会計の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation