@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

産経新聞【さんけいしんぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

産経新聞
さんけいしんぶん
産業経済新聞社が発行する全国紙。その前身前田久吉が 1933年に大阪で創刊した『日本工業新聞』。 41年,第2次世界大戦下の新聞統合令で愛知県以西の産業経済関係の新聞社 33社を吸収合併し,翌年『産業経済新聞』と改題。 50年東京に進出して東京本社での印刷を開始し,新聞の性格を経済紙から一般紙へと転換した。 55年『時事新報』と合同して一時『産経時事』と称したが,58年『産経新聞』となる。 58年経営悪化により財界出身の水野成夫が社長に就任。組合対策と広告・販売の増収策によって立直しに成功し,その後 68年鹿内信隆が社長に就任してより部数を伸ばした。 69年5月『サンケイ新聞』に改題し,88年再び『産経新聞』となった。発行部数は朝刊 194万 1438,夕刊 95万 2013 (1996) 。および,フジテレビ,関西テレビ,ニッポン放送,文化放送,それに 69年創刊の夕刊『フジ』と合せてフジ・サンケイグループと呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんけい‐しんぶん【産経新聞】
産業経済新聞社が発行する日刊全国紙。同社の本社は東京都千代田区大手町にある。昭和8年(1933)大阪で創刊の「日本工業新聞」が各紙との合併を繰り返し、昭和30年(1955)には「時事新報」を吸収。昭和34年(1959)に東京・大阪の題号を現紙名に統合。この頃から保守的論調を強めた。朝刊販売部数は約139万部(2019年上期平均)。
[補説]産経新聞の部数の推移
2010年…162万部
2011年…161万部
2012年…161万部
2013年…162万部
2014年…162万部
2015年…160万部
2016年…158万部
2017年…153万部
2018年…145万部
(各年の下期平均部数)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

産経新聞
株式会社産業経済新聞社が発行する新聞。全国で販売される日刊紙。1942年創刊。前身は日本工業新聞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんけいしんぶん【産経新聞】
産経新聞社発行の日刊紙。1933年6月,前田久吉が大阪で創刊した《日本工業新聞》が前身。42年10月,戦時期の新聞統合政策により愛知以西の業界紙を吸収し《産業経済新聞》となった。50年3月東京でも発行を開始し,同時に経済紙から一般紙となった。統制外用紙を用いた増ページ策や51年の専売店設置敢行(戦時期以来共販制が行われていた)など既存紙の間隙をついた拡張販売政策で東京進出に成功し,全国紙としての地歩を築いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

産経新聞
さんけいしんぶん

産業経済新聞社(本社東京・大阪)から発行されている全国紙。「モノをいうシンブン」を標榜(ひょうぼう)して、日本でもっとも保守的な全国紙として知られる。前身は1933年(昭和8)6月、前田久吉(ひさきち)(1893―1979)が大阪で創刊した『日本工業新聞』。第二次世界大戦中の新聞統合により、1941年6月、愛知県以西の産業経済関係の新聞社33社を吸収合併、1942年11月、題号を『産業経済新聞』と変更した。戦後の1950年(昭和25)3月、東京でも印刷・発行を開始。紙面を経済紙から一般紙に切り替えた。1955年11月、福沢諭吉創刊の由緒ある『時事新報』と合同、東京発行紙を『産経時事』としたが、1958年7月には、東西発行紙の題号を『産経新聞』に統一、名実ともに全国紙となった。同年10月、創立者前田が退任、財界から水野成夫(しげお)が社長に就任し、科学的管理方針を掲げ、労使間に平和協定を結び、編集・事務部門の機械化・合理化を進めるとともに、1962年いち早くコンピュータを導入するなど、新聞界の注目を集めた。1963年以来ラジオ、テレビと提携、立体報道の強化を進め、1967年12月には、フジテレビ、文化放送、ニッポン放送とともに「フジサンケイグループ」を結成した。

 1968年10月、鹿内信隆(しかないのぶたか)(1911―1990)が社長に就任、経営の刷新、技術の革新を進めるとともに、1969年2月、サラリーマン向けの新聞『夕刊フジ』を東京で創刊した。同年5月には本紙の題号を『サンケイ』と改題。論壇「正論」の創設、意見広告の開放を断行するなど紙面の充実を図った。また1970年6月、創刊1万号を迎えたのを機に「民主主義と自由のためにたたかう」など4項目の「サンケイ信条」を制定。1976年以降、紙面の正論路線、生活情報路線を決め、「総合編集」体制の強化を図っている。1988年から『産経新聞』の題号を使用している。2004年に大阪新聞社を吸収合併。発行部数は、朝刊が東京・大阪両本社をあわせて約163万3200部、夕刊が大阪本社のみで約53万7000部(2010)。

[高須正郎・伊藤高史]

『前田久吉著『日日これ勝負』(1953・創元社)』『楠田実編著『産経新聞政治部秘史』(2001・講談社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんけい‐しんぶん【産経新聞】
日刊新聞の一つ。発行は産業経済新聞社。昭和八年(一九三三)大阪で創刊された「日本工業新聞」が、同一七年に業界紙を合併して「産業経済新聞」と改題、同二五年からは東京での発行を開始し、一般紙となった。同三〇年「時事新報」と合同して東京発行紙を「産経時事」と改題。同三三年東西両紙を統一して「産経新聞」と改題。さらに同四四年「サンケイ」と改題したが、同六三年「産経新聞」となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産経新聞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

産経新聞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation