@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

用度・用途【ようど】

精選版 日本国語大辞典

よう‐ど【用度・用途】
〘名〙
① 要する費用。入費。かかり。いりめ。ゆうど。
※令義解(718)職員「頭一人。〈掌納及雑物。支度国用。勘勾用度〉」 〔漢書‐武帝紀〕
② (「ようと」とも) 銭(ぜに)の異称。ゆうど。
※米沢本沙石集(1283)六「はこび残ける用途(ヨウト)十結をば、御布施に奉るとて」
③ 官庁・会社などで、事務用品などの供給に関すること。また、その部署。
※山の鍛冶屋(1926)〈宮嶋資夫〉三「竹はまた用度から酒を引いて来て一人して飲みはじめた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用度・用途」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用度・用途の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation