@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

用捨箱【ヨウシャバコ】

デジタル大辞泉

ようしゃ‐ばこ【用捨箱】
箱の中を仕切って必要な文書用済みの文書を区分けして入れるようにしたもの。
[補説]書名別項。→用捨箱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ようしゃばこ【用捨箱】[書名]
江戸後期の随筆。3巻。柳亭種彦著。天保12年(1841)。51条からなり、主として近世初期の風俗習慣を考証したもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようしゃばこ【用捨箱】
江戸後期の考証随筆。柳亭種彦著。1841年(天保12)刊。3巻3冊。〈俳諧用捨箱〉の外題を付した後摺本もある。近世初期の市井の風俗や言語などについての考証が大部分。上巻14条,中巻19条,下巻17条と追考2条から成る。ほとんど刊年の明確な俳書を援用して実証し,また古版本の挿絵や古画を模写,透写して多数載せて画証としており,所説に信憑性が高い。引用資料中には現存不明のものもあり,資料的価値も高い。【鈴木 重三】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようしゃばこ【用捨箱】
中を縦に仕切り、取捨した書状の区分けに用いた箱。
書名(別項参照)。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ようしゃばこ【用捨箱】
随筆。三巻。柳亭種彦著。1841年刊。五一条から成り、さまざまな風俗習慣などについて古俳諧を引用しながら考証したもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ようしゃ‐ばこ【用捨箱】
[1] 〘名〙 用のある手紙と用の済んだ手紙とを区分けして入れるように、中に仕切りを設けた箱。
※雑俳・村雀(1703)「御小姓の殿に紅粉さす用捨箱」
[2] 江戸後期の随筆。三巻。柳亭種彦著。天保一二年(一八四一)刊。市井の風俗・慣習に関する考証を主とした五一条を集録。古俳書を引き、江戸初期の古書画類の模写図を入れるなどにより、江戸初期の風俗を精細に活写した考証随筆。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用捨箱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用捨箱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation