@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

用明天王職人鑑【ヨウメイテンノウショクニンカガミ】

デジタル大辞泉

ようめいてんのうしょくにんかがみ〔ヨウメイテンワウシヨクニンかがみ〕【用明天王職人鑑】
浄瑠璃。時代物。五段。近松門左衛門作。宝永2年(1705)大坂竹本座初演。出語り・出遣い方式や、からくり応用の舞台機構が当時評判となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようめいてんのうしょくにんかがみ【用明天王職人鑑】
義太夫節の曲名時代物近松門左衛門作。1705年(宝永2)11月大坂竹本座初演。5段。仏法を日本に流布させた聖徳太子の伝説を中心に,の《道成寺》,幸若舞曲の《烏帽子折(えぼしおり)》などの趣向をとり入れている。敏達天皇の御世,同腹の皇弟山彦皇子は外道を信じ,仏法を信じる異腹の弟花人親王(のちの用明天皇)と法力比べの末に敗れた。山彦は配下の道士益良(ますら)を使って王位を奪おうとし,花人やその恋人豊後真野(まの)長者の娘玉世らの命をねらう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

用明天王職人鑑
ようめいてんのう しょくにんかがみ
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
近松門左衛門(1代)
初演
寛政1.10(大坂・中山座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用明天王職人鑑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用明天王職人鑑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation