@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

用材林【ようざいりん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

用材林
ようざいりん
high forest; seedling-forest
建築材などの構造材の生産を主目的とする山林で,林木を大きく育てるところから高林または喬林とも呼ばれる。実生 (みしょう) の苗木を育てることが普通で,特に外国ではそれが重要視されているが,日本では挿木による場合もある。経済上有利な山林であるが,天然林の場合は価値の低い樹種も多く,材積収穫も少いところから,有用樹種の人工林への転換 (林種転換または拡大造林) が急務とされている。 (→薪炭林 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようざいりん【用材林】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

用材林
ようざいりん
森林の利用区分の一つ。森林は利用上、林業用地と非林業用地に区分され、さらに林業用地は薪炭林と用材林に細分される。用材とは、建築材、家具材、紙・パルプ材などに使用される木材のことであるが、その用途が多いため、用材の利用範囲を示すことは困難であり、一般に薪炭林以外の林業用地を用材林とよんでいる。日本の場合、薪炭需要が減少したこと、紙・パルプ原料が外材に依存するようになったことなどのため、林業生産に供される森林の多くは、建築材生産を目的とした用材林である。[飯田 繁・佐藤宣子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用材林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

用材林の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation