@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田中マルクス闘莉王【たなか マルクス トゥーリオ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田中マルクス闘莉王 たなか-マルクス-トゥーリオ
1981- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和56年4月24日生まれ。父は日系ブラジル人,母はイタリア系ブラジル人。平成10年千葉県の渋谷幕張高校に留学。13年サンフレッチェ広島入団。15年日本に帰化。16年浦和レッドダイヤモンズに移籍。16年より6年連続Jリーグ・ベストイレブン。長身と強靭な体格をいかした攻撃的なDFとして活躍し,18年日本代表に初選出。同年最優秀選手賞(MVP)。22年名古屋グランパスに移籍。同年FIFAワールドカップ南アフリカ大会の日本代表にえらばれ,全4試合にフル出場した。旧名はマルクス・トゥーリオ・ユウジ・ムルザニ・タナカ(Marcus Tulio Lyuji Murzani Tanaka)。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田中マルクス闘莉王
たなかまるくすとぅーりお
(1981― )

プロサッカー選手。ディフェンダー(DF)。4月24日、ブラジル・サンパウロ州パルメイラ・ド・オエステ市生まれの日系三世。渋谷幕張高―サンフレッチェ広島―水戸ホーリーホック―浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)―名古屋グランパスエイト(名古屋グランパス)。Jリーグ初出場はサンフレッチェ広島時代の2001年(平成13)3月11日、鹿島アントラーズ戦。国際Aマッチ初出場は2006年8月9日、トリニダード・トバゴ戦。U23(23歳以下)日本代表として2004年オリンピック・アテネ大会に出場。2010年ワールドカップ南アフリカ大会の日本代表選手。


[中倉一志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中マルクス闘莉王」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田中マルクス闘莉王の関連情報

関連キーワード

ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータハメネイラジャイ北川透銀行法座散乱木遺跡灰谷健次郎松本幸四郎ングーギ布野修司

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation