@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田中芳男【たなか よしお】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田中芳男 たなか-よしお
1838-1916 幕末-明治時代の博物学者,官僚。
天保(てんぽう)9年8月9日生まれ。田中義廉(よしかど)の伊藤圭介(けいすけ)に師事。蕃書調所(ばんしょしらべしょ)にはいり,慶応3年パリ万国博覧会に参加。維新後は文部省,内務省,農商務省で博覧会開催や博物館の建設,殖産興業につくす。駒場農学校創立,大日本水産会,大日本農会の設立などにも貢献。貴族院議員。大正5年6月22日死去。79歳。信濃(しなの)(長野県)出身。著作に「有用植物図説」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たなかよしお【田中芳男】
1838‐1916(天保9‐大正5)
幕末・明治期の植物学者。信州飯田の出身。文明開化期,教育・殖産の発展に貢献。医師の三男として生まれ,1856年伊藤圭介に師事して医学・博物学を学ぶ。62年蕃書調所(ばんしよしらべしよ)に出仕後,66年パリでの万国博覧会に出品のため渡仏。明治新政府でも,ウィーン,フィラデルフィアの万国博覧会に派遣され,新知識を吸収した。駒場農学校(1878年創立,東大農学部の前身)や上野の山に博物館,動物園を創設,また公園を作るほか,セイヨウリンゴや田中ビワ(枇杷)を広めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

田中芳男
たなかよしお
(1838―1916)

殖産功労者。長野県飯田(いいだ)の生まれ。1851年(嘉永4)名古屋に出て、伊藤圭介(けいすけ)に師事し、蘭学(らんがく)、本草(ほんぞう)学を学び、1861年(文久1)師とともに江戸に移り、翌年、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に採用された。1866年(慶応2)自ら採集した昆虫標本56箱を持参して、パリの万国博覧会に参加、約10か月パリに滞在して各地の博物館などを視察して帰国、開成所を経て文部省博物局に出仕、ここを本拠として博物館の開設、博覧会の開催を推進指導し、また、リンネ、ド・カンドルの分類学の紹介、『動物学』の編訳など、大学創立前の西欧生物学の導入、普及に寄与した。1898年(明治31)には植物病理研究所の設立を建議した。

[佐藤七郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たなか‐よしお【田中芳男】
幕末・明治初期の博物学者。男爵。信濃国(長野県)飯田生まれ。はじめ蕃所調所物産学に仕え慶応三年(一八六七)パリ万国博に出品。維新後、官吏として殖産興業に尽力、ウィーン、オーストリアの万国博で日本紹介につとめ、また、ビワの品種改良なども行なった。主著「有用植物図説」。天保九~大正五年(一八三八‐一九一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中芳男」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田中芳男の関連情報

関連キーワード

第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット桜田門外の変/参加者一覧イースター蜂起牧野省三ブロッホ植物病理学フサインアロー号

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation