@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田中親美【たなか しんび】

美術人名辞典

田中親美
書家。京都生。画家田中有美の子。多田親愛に師事。『隆能源氏絵巻』『平家納経』等、文化財の復元複製を完成させる前人未踏の事業を完成する。また「高野切」「手鑑」類等の古筆の複製本を発行。かな書道の発展に尽した。昭和50年(1975)歿、100才。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田中親美 たなか-しんび
1875-1975 明治-昭和時代の日本美術研究家。
明治8年4月9日生まれ。田中有美(ゆうび)の長男。絵を父に,書を多田親愛(しんあい)にまなぶ。「源氏物語絵巻」「平家納経」などおおくの古画,古筆を復元模写し,「月影帖」などの複製本を刊行。平安朝美術の研究とその普及につくす。昭和35年芸術院恩賜賞。昭和50年11月24日死去。100歳。京都出身。本名は茂太郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たなかちかよし【田中親美】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たなかしんび【田中親美】
1875~1975 日本美術研究家。京都生まれ。多くの古筆・古画の複製や版行に尽力。古筆の鑑定・収集家としても著名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田中親美
たなかしんび
(1875―1975)
日本美術研究家。京都の人。本名は茂太郎(しげたろう)。冷泉為恭(れいぜいためちか)の従弟田中有美(ゆうび)の長男。絵を父に、書を多田親愛(ただしんあい)に学んだ。親愛のもとで古筆の模写に接し、1894年(明治27)初めて『紫式部日記絵巻』の模写に従事。以後、収集家吉田丹左衛門、益田孝(ますだたかし)(鈍翁(どんおう))らの後援を受け、大口周魚(しゅうぎょ)らの知遇を得て、『源氏物語絵巻』『本願寺本三十六人集』『元永(げんえい)本古今和歌集』『平家納経(へいけのうきょう)』『久能寺経(くのうじきょう)』の復元模写を完成させた。また古筆の名品を集めた『月影帖(つきかげじょう)』、手鑑(てかがみ)『ひぐらし帖』、さらに『佐竹(さたけ)本三十六歌仙』の刊行と、平安朝美術の復元・鑑識・普及に努めた。1959年度(昭和34)芸術院恩賜(おんし)賞を受賞。昭和50年100歳で没した。[島谷弘幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中親美」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田中親美の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation