@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田原良純【たわら よしずみ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田原良純 たわら-よしずみ
1855-1935 明治-昭和時代前期の薬学者。
安政2年7月4日生まれ。内務省東京司薬場でエイクマンにまなび,明治20年東京衛生試験所長となる。フグの毒を卵巣からはじめて抽出,テトロドトキシンと命名し,フグ毒の化学的研究に貢献した。大正10年学士院賞。昭和10年6月3日死去。81歳。肥前佐賀郡出身。東京大学卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たわらよしずみ【田原良純】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

田原良純
たわらよしずみ
(1855―1935)

薬学者。佐賀出身。南校(東京大学の前身)を経て1881年(明治14)東京大学製薬学科(現、薬学部)卒業。同年内務省東京司薬場に入り、エイクマンの下で衛生試験・食品分析を学び、国民栄養基準を設定した。1884年フグ毒研究に着手。1887年改組の衛生試験所長となりドイツ留学、植物成分合成と構造研究に先鞭(せんべん)をつける。1897年、公害の原点となった足尾銅山鉱毒事件は数万の住民が飢餓に瀕(ひん)する社会問題に発展した。政府の命で彼は自ら現地に赴き精密な分析結果を報告した。1899年薬学博士。1909年(明治42)フグ毒成分の結晶を抽出、テトロドトキシンと命名し、医療に供す。フグ毒の化学的研究の先駆で、本研究により1921年(大正10)帝国学士院賞受賞。第一次世界大戦の輸入薬品欠乏に際し製薬の工業化に貢献した。日本化学会会長、日本薬学会副会頭、日本薬局方主査委員、帝国学士院会員などを歴任した。

[根本曽代子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田原良純」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田原良純の関連情報

関連キーワード

山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩治安維持法キューカー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation