@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田口卯吉【たぐち うきち】

美術人名辞典

田口卯吉
経済学者。徳川幕府徒士の子。号鼎軒。大蔵省勤務。『東京経済雑誌創刊、自由主義経済の立場から保護貿易論や政府の経済政策を批判する。『大日本人名辞書編纂刊行。鉄道会社々長。法学博士。『史海』『史料通信双書』の発行。『鼎軒田口卯吉全集』全八巻の著書がある。明治38年(1905)歿、51才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たぐち‐うきち【田口卯吉】
[1855~1905]経済学者・文明史家。江戸の生まれ。号、鼎軒(ていけん)。「東京経済雑誌」を創刊、自由貿易を唱えて政府の経済政策を批判。明治27年(1894)より衆議院議員。「群書類従」「国史大系」を編集・刊行。著「日本開化小史」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田口卯吉 たぐち-うきち
1855-1905 明治時代の日本史学者,経済学者,政治家。
安政2年4月29日生まれ。大蔵省勤務のかたわら「日本開化小史」をあらわす。明治12年「東京経済雑誌」を創刊,自由主義経済をとなえ,また「大日本人名辞書」「国史大系」などを編集。一方政財界でも活躍し,両毛鉄道社長,東京府会・市会議員,衆議院議員(当選6回)などをつとめた。明治38年4月13日死去。51歳。江戸出身。名は鉉。字(あざな)は子玉。号は鼎軒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

田口卯吉
1855〜1905(安政2年〜明治38年)【経済学者】「エコノミスト」の日本版「東京経済雑誌」を20代で主催。 政府の保護貿易を徹底して批判した。明治期の経済学者・歴史家。江戸に生まれる。維新後大蔵省翻訳局で経済学を学ぶ。1877年(明治10)からを刊行した「日本開化小史」では政府の保護貿易を批判。79年「エコノミスト」に範をとった「東京経済雑誌」を刊行、英国を模範に自由貿易を主張した。また「群書類従」「国史大系」など史書を編纂、歴史学にも多大な業績を残した。実業界では両毛鉄道の経営、東京株式取引所などに関係。東京府会議院から94年以後は衆議院議員。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たぐちうきち【田口卯吉】
1855‐1905(安政2‐明治38)
明治時代の自由主義経済学者。号は鼎軒(ていけん)。幕臣の子として江戸に生まれる。最初医学を志したが,大蔵省翻訳局上等生徒となり,英語,経済学を修め,《日本開化小史》(1877‐82)や《自由貿易日本経済論》(1878)を著す。1879年,《東京経済雑誌》を創刊して終生主筆を務め,自由主義経済学の紹介と指導にあたり,政府の経済政策を批判した。同時に,実業界,政界においても,83年に東京株式取引所肝煎,86年の両毛鉄道株式会社設立,80年以降の東京府会ならびに市会議員,さらに94年からの衆議院議員など幅広く活躍した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たぐちうきち【田口卯吉】
1855~1905) 経済学者・文明史家。号は鼎軒ていけん。江戸生まれ。1879年(明治12)「東京経済雑誌」を創刊し自由主義経済を唱えて政府の経済政策を批判・論評。94年から衆議院議員。主著「日本開化小史」のほか、「群書類従」「国史大系」の編纂にも携わった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田口卯吉
たぐちうきち
[生]安政2(1855).4.29. 江戸
[没]1905.4.13. 東京
経済学者,歴史家。幼名は鉉,号は鼎軒。幕臣の子に生れ,12歳のとき徒士 (かち) 見習となり父祖の跡を継いだ。 15歳で沼津兵学校に学び,また尺振八 (せきしんぱち) の共立学舎で医学を学んだ。明治5 (1872) 年大蔵省翻訳局上等生徒となり,経済学,開化史を研究。のち紙幣寮に勤務。自由主義経済論の立場から『自由貿易日本経済論』を著わし自由放任と自由貿易政策を主張して,政府の経済政策を批判し,辞職。 1879年イギリスの『エコノミスト』に範をとり,『東京経済雑誌』を創刊して主筆となった。鉄道敷設,鉱山試掘など実業界で活躍する一方,政界でも,94年衆議院議員となった。歴史に関心をもち,『日本開化小史』 (77~82) を著わすとともに,史学の雑誌『史海』 (91) の発行,『群書類従』や『国史大系』 (97~1904) ,『大日本人名辞書』『日本社会事彙』 (1890~91) の編集,出版などで,史学界に貢献した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田口卯吉
たぐちうきち
(1855―1905)
明治期の経済学者、史論家、法学博士。出版などの経営も行う。安政(あんせい)2年4月29日、江戸目白台の徒士(かち)屋敷で生まれる。卯年卯月の生まれにちなんで名づけられた。名は鉉(みつ)、字(あざな)は子玉(しぎょく)、号を鼎軒(ていけん)という。姉に鐙子(とうこ)(1848―1886。明治女学校校長木村熊二(1845―1927)に嫁す)がある。維新に際しては徳川家に従って静岡の沼津に移り、1871年(明治4)上京、大蔵省に出仕、翻訳局などに勤める。1877年には『日本開化小史』全6巻の刊行を開始(1882年完成)、1878年には『自由交易日本経済論』をまとめ、1879年には『東京経済雑誌』を発行(初め月刊、のち月2回刊、旬刊、週刊となる)して、経済雑誌社をおこす。ここを中心に、さらに『支那開化小史(しなかいかしょうし)』『大日本人名辞書』『日本開化之性質』『日本社会事彙(じい)』を刊行、一方、歴史研究の個人雑誌『史海』(1891年5月発刊、1896年廃刊)も刊行し、久米邦武(くめくにたけ)の祭天古俗論に賛成する。『群書類従』『続群書類従』の出版に努め、さらに日本史研究の基本史料として『国史大系』『続国史大系』を編纂(へんさん)・刊行し、歴史研究の先駆、啓蒙(けいもう)的史論の中心となった。新聞・雑誌においては、イギリスのコブデン、スミス、リカードを尊敬するとして、経済自由論の立場から、政府の経済政策に対する批判を展開。他方、実際活動の面でも東京府会議員、衆議院議員などに当選し、とくに南洋諸島進出に関心を示した。明治38年4月13日、慢性萎縮腎(いしゅくじん)と中耳炎のために死去。谷中(やなか)墓地に葬られる。[松島榮一]
『『鼎軒田口卯吉全集』全8巻(1927~1929・大島秀雄/複製版・1990・吉川弘文館) ▽大久保利謙編『明治文学全集14 田口鼎軒集』(1977・筑摩書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たぐち‐うきち【田口卯吉】
経済学者。江戸の生まれ。号は鼎軒。大蔵省翻訳局の官費生となり、「日本開化小史」などを著わす。また「東京経済雑誌」を創刊して、自由主義経済学を樹立し、日本のアダム=スミスと称された。「群書類従」「国史大系」の刊行、「大日本人名辞書」「日本社会辞彙」の編纂なども行なった。安政二~明治三八年(一八五五‐一九〇五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田口卯吉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田口卯吉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation