@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田園都市【でんえんとし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田園都市
でんえんとし
garden city
大都市の周辺に設けられた住宅 (衛星) 都市の一種。居住環境をよくするため特に緑地広場,公園,道路などを広くとり,田園的要素をもった都市。大都市の市街地域から離れ農村景観の残るところに大規模な住宅地を形成している。イギリスロンドンの郊外レッチワースに,S.E.ハワードが最初の田園都市をつくった。日本では東京都の田園調布が典型的な例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でんえん‐とし〔デンヱン‐〕【田園都市】
田園地帯に適正規模で建設され、都市生活の利便田園生活風趣とを享受できる理想都市。1898年に英国のE=ハワードが提唱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんえんとし【田園都市 garden city】
イギリスの社会改良家E.ハワードは1898年に発表した《明日――社会改革への平和的進路》(1903年《明日の田園都市》と改題)のなかで,産業革命以降の都市労働者の悲惨な労働・居住環境を改善するため,都市および農村の魅力を併せもち,均衡のとれた社会の形成を目指す田園都市構想を提案して非常な注目を浴びた。ハワードの田園都市提案は次の三大特色をもっている。(1)都市規模を人口3万~5万人に限定した。(2)外周グリーンベルトまたは田園で取り囲んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんえんとし【田園都市】
イギリスの E =ハワードが1898年に提案した理想都市。都市と田園の長所を兼備し、均衡のとれた社会を形成するよう計画的に建設された都市。
田園の趣を多く残している都市。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田園都市
でんえんとし
garden city
イギリスのエベネザー・ハワードEbenezer Howard(1850―1928)により1898年に提唱された都市で、田園の中に独立した新しい理想的都市。産業革命を最初に経験したイギリスでは、大都市の弊害が説かれ、工業の分散、都市の分散を図り、健全な都市発達のために、田園都市運動がおこった。ハワードは『明日の田園都市』を出版し、田園に囲まれた人口3万くらいの美しい町を、大都市周辺につくることを説いた。その都市では、土地は公有か、さもなくば信託所有であり、同時に社会単位で住民に快適な環境を提供する。そこは従来の都市と田園の長所を備え、自然の美と社会的な機会がともにあり、公園に近く、低い家賃と物価、高賃金などの特色をもつとしている。この運動により1903年、第一田園都市会社が設立され、ロンドンの北西56キロメートルのレッチワースに第一の田園都市が実現した。ついで20年に第二の田園都市ウェリン・ガーデン・シティ(ウェルウイン)がロンドン北郊32キロメートルにつくられた。この田園都市運動は、各国の都市計画に大きな影響を与え、衛星都市や都市分散論の先駆けとなった。ロンドン周辺では第二次世界大戦後、新都市(ニュータウン)建設の出発点となり、32都市が政府設立の公社によって建設された。日本ではハワードのいうような完全な意味の田園都市はまだないが、電鉄会社などが沿線の住宅地を開発して、田園都市と称することがあり、東京都大田区の田園調布や、川崎市と横浜市にわたる多摩田園都市などはその例である。農村地区を広くもつ都市や町が自然との共生を唱えて「田園都市」を目ざすというのは、ハワードの提唱した田園都市の建設とは異なる。[山鹿誠次・菅野峰明]
『E・ハワード著、長素連訳『明日の田園都市』(1968・鹿島出版会) ▽山口広編『郊外住宅地の系譜――東京の田園ユートピア』(1987・鹿島出版会) ▽坂西哲著『東急・五島慶太の経営戦略――鉄道経営・土地経営』(2001・文芸社) ▽東秀紀ほか著『「明日の田園都市」への誘い――ハワードの構想に発したその歴史と未来』(2001・彰国社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でんえん‐とし デンヱン‥【田園都市】
〘名〙
① 草木の緑が維持され、田畑などの残る都市。また、大都市郊外に、その間の交通の便をはかるなどして計画的につくられた都市。
※日本化したる洋風小住宅(1924)〈保岡勝也〉第二一図「大正十二年三月田園都市に新築した」
② 一九世紀末に、イギリスのE=ハワードが提唱した新しい考え方に基づく小都市。計画的に規模を決定し、人口に見合った産業その他の施設を備えた自己充足的な都市。一九〇四年、ロンドンから五六キロメートルはなれたレッチワースに最初の田園都市が建設された。〔大増補改版新らしい言葉の字引(1925)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田園都市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田園都市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation