@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田園【デンエン】

デジタル大辞泉

でん‐えん〔‐ヱン〕【田園/田×苑】
田と園(その)。田畑。また、田畑のある地方。いなか。「―風景

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でんえん【田園】[曲名]
原題、〈ドイツPastoraleベートーベン作曲の作品。
ピアノソナタ第15番の通称。ニ長調。1801年の作。名称は、のちに楽譜出版社がその牧歌的な曲想にちなんでつけたもの。
交響曲第6番の副題。1808年の作。5楽章のそれぞれが田園生活に関係のある標題をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

田園
ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンの交響曲第6番(1807-08)。原題《Pastorale》。交響曲第5番『運命』とほぼ同時期に作曲された。唯一、全5楽章からなる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田園
ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第15番(1801)の通称。原題《Pastorale》。『田園』という名はベートーヴェンが名付けたものではなく、後にその牧歌的な曲想から付けられた。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田園
日本のポピュラー音楽。歌はシンガーソングライター、玉置(たまき)浩二。1996年発売。作詞:須藤晃。フジテレビ系で放送され、玉置も出演したドラマ「コーチ」の主題歌

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

でんえん【田園】
古くはでんおんとも
田と畑。耕作地。
田畑や林・森などの緑の多い郊外。いなか。 -風景 -生活

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation