@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田安宗武【たやすむねたけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田安宗武
たやすむねたけ
[生]正徳5(1715).12.27. 江戸
[没]明和8(1771).6.4. 江戸
江戸時代中期~後期国学者,歌人。8代将軍徳川吉宗次男享保 16 (1731) 年田安家を興した。初め荷田在満に学んだが,意見が対立し,のち賀茂真淵の指導を受けた。歌人としては,初め新古今風であったが,真淵の影響で万葉風に染まり,実情実感に基づいたすぐれた和歌を多く残した。国学者としての著書は少いが,安永6 (77) 年に編纂された遺稿集『玉函叢説』には,表音式の見解がみえ,のちの上田秋成に大きな影響を与えた。歌集天降言 (あもりごと) 』 (71以後成立) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たやす‐むねたけ【田安宗武】
[1715~1771]江戸中期の国学者・歌人。徳川吉宗の子。田安家を興す。荷田在満(かだのありまろ)賀茂真淵(かものまぶち)を召し抱えて国学を学ぶ。万葉調の歌人としても有名。歌体約言」「天降言(あもりごと)」など。徳川宗武
土岐善麿による、の評伝。昭和17年(1942)から昭和21年(1946)にかけ、全4冊を刊行。昭和22年(1947)、第37回の帝国学士院賞(現日本学士院賞)を受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田安宗武 たやす-むねたけ
1715-1771 江戸時代中期の国学者,歌人。
正徳(しょうとく)5年11月27日生まれ。徳川吉宗(よしむね)の次男。享保(きょうほう)16年三卿(さんきょう)の田安家初代となる。荷田在満(かだの-ありまろ),賀茂真淵(かもの-まぶち)にまなぶ。寛保(かんぽう)2年在満が献じた歌論書「国歌八論」をめぐる在満と真淵の論争では,真淵が尊重する「万葉集」の歌風を重視した。明和8年6月4日死去。57歳。著作に「国歌八論余言」「歌体約言」,歌集に「天降言(あもりごと)」など。
【格言など】真帆ひきてよせ来る舟に月照れり楽しくぞあらむその舟人は(「天降言」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たやすむねたけ【田安宗武】
1715‐71(正徳5‐明和8)
江戸中期の歌人。幼名小次郎。諡(おくりな)は悠然。8代将軍徳川吉宗の次男であり,田安家を創立。荷田在満(かだのありまろ)を国学の師としたが,在満に執筆させた歌論《国歌八論》を,《国歌八論余言》を書いて批評した。なお,賀茂真淵の意見を求め,真淵は《国歌八論余言拾遺》を提出した。やがて真淵を和学御用として任用した。宗武の特色は,万葉調による清新にして自在な歌境をひらいたところにある。歌集《天降言(あもりごと)》がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

田安宗武
たやすむねたけ
(1715―1771)

8代将軍徳川吉宗(よしむね)二男。幼名小次郎(こじろう)。御三卿(ごさんきょう)田安家の祖、国学者、歌人。1729年(享保14)元服、従三位(じゅさんみ)左中将兼右衛門督(うえもんのかみ)に叙任、徳川氏を称し、68年(明和5)権中納言(ごんちゅうなごん)に累進した。幼少より学問を好み、荷田在満(かだありまろ)を召し抱え、ついで彼の推薦によって賀茂真淵(かもまぶち)を家臣とし、古典研究を深めて三者互いに影響を与え合った。後の国学者に与えた影響も大きい。歌集『天降言(あもりごと)』のほか、在満・真淵との歌論について議論のすえまとめた『歌体約言(かたいやくげん)』、古典の評論・注解である『伊勢物語註(ちゅう)』『小倉百首童蒙訓(おぐらひゃくしゅどうもうくん)』『古事記詳説』などを著し、また服飾、音楽、植物などの研究も行った。

[上野秀治]

『土岐善麿著『田安宗武』全4巻(1942~46・日本評論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

田安宗武 (たやすむねたけ)
生年月日:1715年11月27日
江戸時代中期の田安家の初代当主
1771年

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たやす‐むねたけ【田安宗武】
江戸中期の歌人、有職家。徳川八代将軍吉宗の二男。幼名小次郎。邸を江戸城田安門内に賜わって御三卿の一つである田安家をたてる。古典研究に力を注いで、国学を荷田在満(かだのありまろ)、賀茂真淵に学ぶ。また、音楽書を集め、舞楽の再興、有職故実の研究につとめた。家集「天降言」、著書「国歌八論余言」「歌体約言」「楽曲考」「服飾漫語」「服飾管見」「采雅」などがある。松平定信の実父。正徳五~明和八年(一七一五‐七一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

田安宗武
たやすむねたけ
1715〜71
江戸中期の歌人・国学者。御三卿の一つ田安家の祖
8代将軍徳川吉宗の2男。松平定信の父。荷田在満 (かだのありまろ) ・賀茂真淵 (まぶち) に師事し,国学者・万葉調の歌人として有名。家集に『天降言 (あもりごと) 』。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田安宗武」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田安宗武の関連情報

関連キーワード

ルイルイ王朝様式ディナールイ[14世]ロココ美術ナティエ森川許六ルイ14世イーペルブールハーフェ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation