@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田村隆一【たむらりゅういち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田村隆一
たむらりゅういち
[生]1923.3.18. 東京
[没]1998.8.26. 東京
詩人。府立第三商業学校を経て 1941年明治大学文芸科に入学,学徒動員で出征し,海軍航空隊に配属された。三商在学中から詩作を始め詩誌『新領土』などに参加していたが,47年,三好豊一郎,鮎川信夫,黒田三郎らと『荒地』を創刊,その中心的存在として活躍した。戦争体験に裏づけられた文明批評を鮮明な心象風景として造形,詩における「戦後」を体現した詩人の一人と目される。詩集四千の日と夜』 (1956) ,『緑の思想』 (67) ,『新年の手紙』 (73) ,『奴隷の歓び』 (84) などがある。また推理小説翻訳に『Y悲劇』などの名訳がある。 98年日本芸術院賞受賞

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たむら‐りゅういち【田村隆一】
[1923~1998]詩人。東京の生まれ。第二次大戦後、鮎川信夫らと「荒地」を創刊。戦後詩の旗手として活躍。「言葉のない世界」で高村光太郎賞、「詩集1946~1976」で無限賞、「奴隷の歓び」で読売文学賞、「ハミングバード」で現代詩人賞を受賞。ほかに「四千の日と夜」など。推理小説の紹介・翻訳でも知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田村隆一 たむら-りゅういち
1923-1998 昭和後期-平成時代の詩人。
大正12年3月18日生まれ。中学時代から詩作をはじめ,戦後鮎川信夫らと「荒地」を創刊。昭和31年「四千の日と夜」を発表。38年「言葉のない世界」で高村光太郎賞,52年「詩集1946~1976」で無限賞,60年「奴隷の歓び」で読売文学賞,平成5年「ハミングバード」で現代詩人賞。10年芸術院賞。詩論集「若い荒地」のほかに,クイーンクリスティーなどの推理小説の翻訳もおおい。平成10年8月26日死去。75歳。東京出身。明大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たむらりゅういち【田村隆一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たむらりゅういち【田村隆一】
1923~1998 詩人。東京生まれ。明大卒。鮎川信夫らと雑誌「荒地」を創刊、第一詩集「四千の日と夜」で、文明への批判意識を鮮烈なイメージで定着。その後も言葉の硬質性を失わない戦後詩の旗手として活躍する。推理小説の紹介・翻訳でも知られた。著「言葉のない世界」「ハミングバード」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田村隆一
たむらりゅういち
(1923―1998)
詩人。大正12年3月18日、東京に生まれる。明治大学文芸科卒業。戦後詩を代表する詩誌『荒地(あれち)』出身の詩人の一人。府立三商時代、北村太郎らと詩作を始め、村野四郎らの『新領土』、中桐雅夫(なかぎりまさお)、鮎川信夫(あゆかわのぶお)らの『LE BAL』などに参加、また加島祥造(1923―2015)、三好豊一郎(みよしとよいちろう)らを知り、詩作を深める。学徒出陣で海軍予備学生として敗戦(第二次世界大戦)を迎えたが、戦後いち早く『新詩派』『純粋詩』『VOU』などに作品を発表。1947年(昭和22)に黒田三郎、鮎川信夫、中桐雅夫、北村太郎、木原孝一と、月刊『荒地』を創刊。年刊アンソロジー『荒地詩集』を編集するなど、活発な詩活動に入る。おもな詩集に、10年間の詩作を集成した第一詩集『四千の日と夜』(1956)、『言葉のない世界』(1962。高村光太郎賞)、『緑の思想』(1967)などのほかに、実験的語法による『死語』(1976)、『誤解』(1978)、『スコットランドの水車小屋』(1982)、『陽気な世紀末』(1983)、『奴隷の歓(よろこ)び』(1984。読売文学賞)、『ぼくの航海日誌』(1991)、『ハミングバード』(1992。第11回現代詩人賞)、自ら「最後の詩集」と予告していた生前最後の詩集『1999』(1998)など多数ある。晩年まで一貫して文明批評を伴った独自の時代意識を歌い続けた。選詩集に現代詩文庫『田村隆一詩集』『続・田村隆一詩集』『続続・田村隆一詩集』など。日本芸術院賞受賞。没後2年目に『田村隆一全詩集』が思潮社から刊行された。対談集に『青い廃墟(はいきょ)にて』(1973)、『ぼくの中の都市』(1980)など。『詩人の旅』(1981)、『退屈無想庵』(1993)など軽妙な多数のエッセイ集、旅行記も親しまれた。アガサ・クリスティのミステリー小説やロアルド・ダールRoald Dahl(1916―1990)『あなたに似た人』などの翻訳で、名翻訳家としても人気があった。1998年(平成10)、英訳詩集『The Poetry of Ryuichi Tamura』がアメリカで刊行されている。[吉田文憲]
『『現代詩文庫1 田村隆一詩集』(1968・思潮社) ▽『現代詩文庫110 続・田村隆一詩集』(1993・思潮社) ▽『現代詩文庫111 続続・田村隆一詩集』(1993・思潮社) ▽『田村隆一詩集 誤解』(1978・集英社) ▽『ぼくの中の都市』(1980・出帆新社) ▽『スコットランドの水車小屋』(1982・青土社) ▽『田村隆一詩集 陽気な世紀末』(1983・河出書房新社) ▽『生きる歓び』(1988・集英社) ▽『ぼくの航海日誌』(1991・中央公論社) ▽『ハミングバード―田村隆一詩集』(1992・青土社) ▽『退屈無想庵』(1993・新潮社) ▽『ぼくの人生案内』(1998・小学館) ▽『詩集 1999』(1998・集英社) ▽『帰ってきた旅人』(1998・朝日新聞社) ▽『田村隆一エッセンス』(1999・河出書房新社) ▽『田村隆一全詩集』(2000・思潮社) ▽『詩人の旅』(中公文庫) ▽清水昶著『詩人の肖像』(1981・思潮社) ▽笠井嗣夫著『田村隆一――断絶へのまなざし』(1982・沖積舎) ▽大岡信・谷川俊太郎編『現代の詩人 田村隆一』(1983・中央公論社) ▽思潮社編・刊『現代詩読本・特装版 田村隆一』(2000・思潮社) ▽大岡信著『現代の詩人たち』(講談社文芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田村隆一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田村隆一の関連情報

関連キーワード

誘導尋問島津保次郎溝口健二衣笠貞之助公孫瓚誘導尋問ビクトル1世ゼフィリヌスカリクスツス1世公判

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation