@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田楽【でんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田楽
でんがく
日本の芸能の1つ。平安時代に始る。もとは田植えなどの農耕に歌を奏した文字どおり田の楽であった。平安時代後期には,貴族遊興のために催すことも多く,早乙女が苗を植えるのを田楽衆がささら,腰鼓などで囃 (はや) して乱舞した。のちに田楽法師という職業的芸人が生れて腰,笛,銅拍子,ささらなどを使った群舞と,高足 (たかあし) に乗り,品玉を使い,刀剣を操るなど散楽系の曲芸をもっぱらとした。このように田楽は芸態上,田囃子の田楽と田楽法師による田楽踊とに大別される。鎌倉時代の中頃 (13世紀なかば) に猿楽能が生れて世に歓迎されてからは,田楽の能を演じて室町時代初期 (15世紀初め) にはそのを争ったが,敗退して急速に衰えた。今日では民俗芸能として,社寺神事である田楽踊のほか,広島県,島根県に「花田植」「囃し田」の名称で田囃子の田楽が伝えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田楽
でんがく
豆腐,サトイモ,こんにゃくなどにをさし,調理味噌,木のなどをつけて焼いた料理。田楽の舞のうち,鷺足と称する一本足のの上に乗るしぐさがあり,この姿に似ているとして名づけられた。同様に魚を焼いたものを魚田 (ぎょでん) という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でん‐がく【田楽】
初め民間の農耕芸能から出て、平安時代に遊芸化された芸能。田植えのときに、田の神を祭って歌い舞ったのが原形で、鎌倉時代から室町時代に流行、専業の田楽法師も出た。能楽のもとである猿楽(さるがく)との関係が深い。鼓・腰鼓・笛・銅鈸子(どびょうし)ささらなどを奏しながら舞う田楽踊りと、高足などの散楽系の曲芸のほか、物真似芸やなども演じた。現在では民俗芸能として各地に残る。
民俗芸能で、田遊び田植え踊りなど田に関する芸能の総称
田楽法師」の
田楽豆腐」「田楽焼き」の略。「木の芽田楽 春》「枸杞(くこ)の垣―焼くは此奥か/漱石
田楽返し2」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

でんがく【田楽】
「田楽焼き」「田楽豆腐」の略。こんにゃくを串に刺してゆで、みそをつけたものをいうこともある。◇田植えと縁の深い芸能であった「田楽」を舞うときに、棒のついた台に乗る様子が、豆腐に串を刺した形に似ていることからこの名があるとされる。⇒田楽焼き田楽豆腐

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんがく【田楽】
豆腐を細長く切って竹串を打ち,みそを塗ってあぶった料理。田楽豆腐の略。田楽の名は串に刺した豆腐の形が長い棒に横木をつけた鷺足(さぎあし)に乗って踊る田楽法師の姿に似ているためだという。やがてこれに倣って,こんにゃく,サトイモなども作られるようになり,さらには魚を材料とするものも現れ,これを魚(うお)田楽,略して魚田(ぎよでん)といった。こうして《守貞漫稿》が〈今ハ食類ニ味噌ヲツケテ焙(あぶり)タルヲ田楽ト云,昔ハ形ニ因テ名トシ,今ハ然ラズ〉というように,串に刺さず,ただ,みそをつけて焼く料理一般をも田楽と呼ぶ風を生じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

でんがく【田楽】
には稲作に関する芸能の総称として用いるが,狭義には田楽躍おどり)を本芸とする職業芸能者が演じる芸能をいう。また田植の囃しや田楽躍に用いる太鼓を称する場合もある。広義の田楽は,(1)田植を囃す楽,(2)職業芸能者である田楽法師による芸能,(3)風流(ふりゆう)田楽の三つに分けて考えるのが便利であるが,日本の民俗芸能分類の用語としての田楽には,予祝の田遊(たあそび)やその派生芸能を含めることが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

でんがく【田楽】
平安中期頃から流行した芸能。農耕行事に伴う歌舞から起こり、のちには専業の田楽法師が現れ、座も発生した。本来、田楽踊おどりと散楽系の曲芸が主要芸であったが、鎌倉末期より猿楽能も演じ、独自の田楽能を上演した。室町後期には猿楽におされて衰退し、今日では民俗芸能中に残る。
民俗芸能の分類用語。田遊び・田植え祭り・田植え踊りなど、田に関する芸能一般の総称。
田植えをはやす音楽。また、それに用いる太鼓の類。 又-といひて、あやしきやうなる鼓、腰に結ひつけて/栄花 御裳着
田楽焼きの略 豆腐などに練り味噌を塗って焼いた料理。豆腐に串を打ったところが田楽を舞う姿に似ているところからいう。味噌に木の芽をすり込んだものを木の芽田楽という。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

でん‐がく【田楽】
〘名〙
① 平安時代から行なわれた芸能。もと、田植えの時に田の神をまつるため笛・太鼓を鳴らして田の畔で歌い舞った田舞(たまい)に始まるという。やがて専門の田楽法師が生まれ、腰鼓・笛・銅鈸子(どびょうし)・編木(びんざさら)などの楽器を用いた群舞と、高足(たかあし)に乗り、品玉を使い、刀剣を投げ渡しなどする曲芸とを本芸とした。鎌倉時代から室町時代にかけて田楽能を生んで盛んに流行し、本座・新座などの座を形成し、猿楽(さるがく)と影響しあった。のちに衰え、現在は種々のものが民俗芸能として各地に残っている。
※大鳥大明神文書‐延喜二二年(922)四月五日・和泉国大鳥神社流記帳「日根参箇郡、依巡々者、十烈預、細男預田楽并参種預差定御供預、大楽両色預、差定大鳥郡」
※栄花(1028‐92頃)御裳着「又でんがくといひて、〈略〉ささらといふ物突き、さまざまの舞して」
② ①に用いる鼓。
※今昔(1120頃か)二八「此の白装束の男共の馬に乗たる、或はひた黒なる田楽を腹に結付て」
※宇治拾遺(1221頃)五「その坊は一二町ばかりよりひしめきて、田楽・猿楽などひしめき」
※雑俳・柳多留‐七一(1819)「田楽に味噌をつけぬは金輪寺」
⑤ 「でんがくやき(田楽焼)」または「でんがくどうふ(田楽豆腐)」の略。《季・春》
※後奈良院宸記‐天文四年(1535)一二月一七日「でんがく三荷持参」
※歌舞伎・四天王櫓礎(1810)大切「桝花女の姿、上の石碑の田楽(デンガク)にて消える」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

田楽
でんがく
平安〜室町時代に盛んに行われた民衆芸能
農民の田植祭りの音楽に端を発し,都市で芸能化されたもの。院政のころ,奇抜滑稽な動作や華麗な服装をもって踊り歩く集団的舞踏として流行した。中世に神社の祭礼芸能として発展し田楽能となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation