@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田畑永代売買禁止令【デンパタエイタイバイバイキンシレイ】

デジタル大辞泉

でんぱたえいたいばいばい‐きんしれい【田畑永代売買禁止令】
江戸幕府が寛永20年(1643)に発布した田畑の永代売買じた法令農民所持の田畑の移動集中を防止する目的で出されたが、質入れ質流れによる実質的な土地移動は行われた。明治5年(1872)廃止

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たはたえいたいばいばい‐きんしれい【田畑永代売買禁止令】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

でんぱたえいたいばいばいきんしれい【田畑永代売買禁止令】
江戸時代,幕府が農民の担税能力維持を目的として,農民が田畑を売買することを禁止した法令。ただし,この名称による法令があるわけではなく,1643年(寛永20)3月に代官あてに出された全7条の〈書付〉中の第3条と,同年同月に農民あてに出された全17条の〈書付〉中の第13条とを合わせていう。これに同年同月に出された罰則〈田畑永代売御仕置〉(全4条)を含めることも多い。代官あてでは〈豊かな百姓は田畑を買い集めてますます豊かになり,貧乏な百姓は田畑を売却してますます貧乏になるので,今後田畑の売買を禁止する〉といい,農民あてでは理由を述べずに〈田畑の永代売買を禁止する〉といっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

でんぱたえいたいばいばいきんし‐れい【田畑永代売買禁止令】
〘名〙 江戸幕府が寛永二〇年(一六四三)三月に発した法令。農民所持の田畑の移動・集中を防ぐために無年期売りを禁じ、買い主をも罰した。明治五年(一八七二)二月解禁。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

田畑永代売買禁止令
でんぱたえいたいばいばいきんしれい
1643年,江戸幕府が本田畑の売買を禁止した法令
分地制限令(1673)などとともに農政の基本政策の一つ。土地兼併や農民の離村などを防ぎ,本百姓を維持して年貢の確保をはかった。違反者は売買両者とも重罪に処されたが,質流れや書入 (かきいれ) (抵当契約のこと)などの形で事実上破られた。のち緩和され,明治維新後の1872(明治5)年,禁が解かれた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田畑永代売買禁止令
たはたえいたいばいばいきんしれい
田畑永代売買の禁」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田畑永代売買禁止令」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田畑永代売買禁止令の関連情報

関連キーワード

ルイフランス史(年表)皇太極トリチェリセーリスセーリスニューイングランド連合ミアントノミモラレス後光明天皇

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation