@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田能村竹田【たのむら ちくでん】

美術人名辞典

田能村竹田
江戸後期の文人画家。豊後生。名は孝憲、字は君彝、別に九畳仙史・随縁居士等。資性は風流で、文雅を好み高才多能、詩歌・文章・書画・茶香みな通暁していた。絵は谷文晁に学び、明・清画を研究して独自の画境を築く。また交友も多く浦上玉堂・上田秋成、殊に頼山陽・岡田半江と親しくする。また弟子帆足杏雨田能村直入らがいる。天保6年(1835)歿、59才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

たのむら‐ちくでん【田能村竹田】
[1777~1835]江戸後期の文人画家。豊後(ぶんご)の人。名は孝憲(たかのり)。字(あざな)は君彝(くんい)。藩政に対する不満から官を辞し、頼山陽浦上玉堂などの文人墨客と交わる。「亦復一楽帖(またまたいちらくじょう)」に代表される清高淡雅な絵を描く一方、文にもすぐれた。画論書に「山中人饒舌」がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

田能村竹田 たのむら-ちくでん
1777-1835 江戸時代後期の画家。
安永6年6月10日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩医の次男。藩校由学館の頭取となる。藩内の農民一揆(いっき)の際,藩政改革の建言がいれられず隠退。絵を谷文晁(ぶんちょう)らにまなび,繊細な筆致の独自の画風を確立。幕末文人画壇の代表的な作家。頼山陽らと親交をもち,詩や書にもすぐれた。天保(てんぽう)6年8月29日死去。59歳。名は孝憲(たかのり)。字(あざな)は君彝(くんい)。通称は行蔵。作品に「亦復一楽帖(またまたいちらくじょう)」,画論に「山中人饒舌」。
【格言など】筆を用いて工(たく)みならざるを患(うれ)えず,精神のらざるを患う(「山中人饒舌」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たのむらちくでん【田能村竹田】
1777‐1835(安永6‐天保6)
江戸後期の文人画家。名は孝憲,字は君彝(くんい),通称行蔵。竹田のほか九畳外史などと号した。豊後国竹田村(,大分県竹田市)に生まれる。父は碩庵。代々岡藩中川家に仕える藩医の家柄。少年のころより素読,習字を始め,やがて医業を修めるようになり家の職を継ぐ。1798年(寛政10)22歳のとき藩校由学館に出仕,医業を廃して学問専攻を藩侯から命ぜられ,のちには頭取となった。当時由学館総裁であった唐橋君山のもとで《豊後国誌》の編纂が始まるとその御用掛となり,翌年には君山に従って領内を巡視する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たのむらちくでん【田能村竹田】
1777~1835 江戸後期の文人画家。号、九畳仙史・藍水など。豊後の人。谷文晁らに師事。清高な画風の南画を描き、詩もよくした。代表作「亦復一楽帖」「船窓小戯帖」など。画論「山中人饒舌」を著す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田能村竹田
たのむらちくでん
[生]安永6(1777).6.10. 豊後,竹田
[没]天保6(1835).8.29. 大坂
江戸時代後期の南画家。岡藩藩医碩庵の次男。名は孝憲,字は君彝 (くんい) 。竹田のほか九畳外史などと号する。一度は家業を継いだが,のちに儒者として藩校由学館の頭取になる。文化 10 (1813) 年藩務を辞して以後,長崎や京坂を遊歴しつつ自由な文人生活をおくる。若い頃より中国詩の研鑽を積むかたわら,同郷の画家に絵を習い,一時は江戸で谷文晁師事。しかし,彼に文人画家として大成する道を示唆したのは頼山陽,岡田米山人,浦上玉堂,青木木米ら京坂の南画家たちで,特に米山人からは多くを学んだ。代表作『亦復一楽帖 (またまたいちらくじょう) 』 (31) は,詩書画が一体になった一つの世界を形成している。門下に高橋草坪,田能村直入らがいる。主要作品『船窓小戯帖』 (29) ,『稲川舟遊図』 (29) ,『松巒古寺図』 (33) 。著書『山中人饒舌』 (34) は日本画論中の白眉であり,『填詞図譜』は日本で初めての填詞研究書。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

田能村竹田
たのむらちくでん
(1777―1835)
江戸後期の南画家。名は孝憲、字(あざな)は君彝(くんい)、通称を行蔵といい、竹田、九畳外史(くじょうがいし)など多くの号をもつ。豊後(ぶんご)(大分県)竹田の岡藩侍医の家に生まれる。儒学に志し、藩校由学館(ゆうがくかん)に学び、唐橋君山(からはしくんざん)や熊本の高本紫溟(たかもとしめい)、村井琴山(きんざん)、京都の村瀬栲亭(こうてい)にも師事した。藩校の頭取にまで進んだが、1811、12年(文化8、9)の岡藩の大一揆(いっき)に際し二度にわたって藩政改革の建言書を提出するもいれられず、ために13年辞職して、以後文人墨客の徒として自由な生活に入った。画(え)は初め郷里の渡辺蓬島(ほうとう)や淵野真斎(ふちのしんさい)に学び、江戸に出たとき谷文晁(たにぶんちょう)に就いたりもしたが、ほとんど独学のうちに独自の様式を形成していった。辞職後はしばしば京坂地方に遊び、頼山陽(らいさんよう)、篠崎小竹(しのざきしょうちく)、浦上春琴(うらかみしゅんきん)、岡田半江(はんこう)、小石元瑞(こいしげんずい)など当時の京坂文墨界の中心人物と交遊。また、南画家浦上玉堂(ぎょくどう)、岡田米山人(べいさんじん)、青木木米(もくべい)から大いに啓発された。画風は柔らかな描線を神経細かく行き届かせた清雅なもので、江戸時代の南画家のなかではもっとも本格的な南宗様式に近い。『亦復一楽帖(またまたいちらくじょう)』『船窓小戯帖(せんそうしょうぎじょう)』など小品に優れた作品がある。また、卓抜した画論『山中人饒舌(さんちゅうじんじょうぜつ)』をはじめ、交友録『竹田荘師友画録(ちくでんそうしゆうがろく)』『填詞図譜(てんしずふ)』など多くの著書を残している。弟子に高橋草坪(そうへい)、帆足杏雨(ほあしきょうう)、田能村直入(ちょくにゅう)がいる。[星野 鈴]
『佐々木剛三著『日本美術絵画全集21 木米/竹田』(1977・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

田能村竹田 (たのむらちくでん)
生年月日:1777年6月10日
江戸時代後期の南画家
1835年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たのむら‐ちくでん【田能村竹田】
江戸後期の南画家・漢詩人。豊後竹田村の生まれ。名は孝憲。字(あざな)は君彝(くんい)。通称、行蔵。竹田は号。村瀬栲亭の門に学び、経学詩文の造詣深く、頼山陽らの文人墨客と交わる。画は元・明の南宗画を研究、また、谷文晁の門に遊んだりしつつ南画家として大成。作風は高雅滋潤の趣を示した。画の代表作に「亦復一楽帖」など。画論に「山中人饒舌」など。安永六~天保六年(一七七七‐一八三五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

田能村竹田
たのむらちくでん
1777〜1835
江戸後期の南画家
豊後(大分県)竹田の人。岡藩の藩医の子。儒学を志したが藩政改革の意見書がいれられず辞職し,浦上玉堂・青木木米らの文人墨客と交わった。画は谷文晁にも学んだが,趣味生活に入って独自の画風を開いた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田能村竹田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田能村竹田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation