@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

田辺市【たなべ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

田辺〔市〕
たなべ
和歌山県中南部,紀伊半島の南西部に位置する市。日高川富田川日置川熊野川の 4河川の流域に位置。南西部は田辺湾に臨み,北東で奈良県に接する。1942年市制。1954年までに 4村を編入し,1955年に西富田村(1958分離),1964年に牟婁町を編入。2005年龍神村,中辺路町,大塔村,本宮町の 4町村と合体。中心市街地は会津川河口に位置し,古くは熊野街道紀伊路の中辺路大辺路の分岐点にあたる交通の要地で,牟婁ノ津(むろのつ)と呼ばれた古い港町。中世,闘鶏神社(新熊野権現)を建立した熊野の別当の支配となり,江戸時代は紀州徳川氏の家老安藤氏の口熊野 3万8000石の城下町として栄えた。今日では中辺路一帯の木材の集散地で,外材輸入の多い文里港(もりこう)周辺には製材工場が多い。紀州備長炭(→白炭)や木工品も特産品。会津川河口付近は沖合漁業の中心地で,特産の南蛮焼かまぼこをはじめとする水産加工業が盛ん。南東部の本宮には熊野三山の一つ熊野本宮大社(国指定重要文化財)があり,中辺路,大辺路を中心とした熊野参詣道(国指定史跡)とともに,2004年に世界遺産の文化遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部をなす。ほかに高山寺貝塚,三栖廃寺塔跡,磯間岩陰遺跡などの国の史跡があり,鳥巣半島の泥岩岩脈,栗栖川亀甲石包含層,暖地性植物群落のある神島(かしま。湾内)などが国の天然記念物に指定されている。市民による自然保護運動が盛んで,1987年に日本初の自然環境保全法人が認定された(→ナショナル・トラスト)。東部と西部は吉野熊野国立公園,北部は高野龍神国定公園城ヶ森鉾尖県立自然公園,中部は果無山脈県立自然公園,南部は大塔日置川県立自然公園に属する。海岸沿いを JR紀勢本線,国道42号線が通るほか,国道168号線,311号線,371号線,425号線などが通じ,阪和自動車道のインターチェンジがある。面積 1026.91km2。人口 7万4770(2015)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たなべ‐し【田辺市】
田辺

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田辺市」の用語解説はコトバンクが提供しています。

田辺市の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation