@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

由宇【ゆう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

由宇
ゆう
山口県東部,岩国市南東部の旧町域。広島湾に臨み,北方海上の甲島の南半部を含む。 1926年町制施行。 1955年神代村の一部を編入。 2006年岩国市,玖珂町,本郷村,周東町,町,美川町,美和町の1市5町1村と合体して岩国市となった。江戸時代には岩国街道の宿場町として繁栄。周東機業地帯の中心地で合成繊維,混紡などの織物工業が発達し,由宇干拓地に工業団地がある。米,ハウス野菜,ミカンなどの栽培も行なわれる。由宇川上流部に由宇温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

由宇
ゆう

山口県南東部、玖珂郡(くがぐん)にあった旧町名(由宇町(ちょう))。現在は岩国市の南東部を占める地域。広島湾に臨んでいる。広島湾上の甲(かぶと)島の西半部を含む。旧由宇町は、1926年(大正15)町制施行。2006年(平成18)岩国市と合併。JR山陽本線、国道188号、437号が通じる。古代由宇郷の地。近世は吉川(きっかわ)氏の岩国領で、港町、市場町として知られ、明治以降海運業で栄えた。現在は水田農業のほか、合成繊維機業の一中心をなし、1974年(昭和49)完成の由宇干拓地(25ヘクタール)には自動車関連工場などが進出し、工業団地を形成している。また、由宇川沿いには弱酸性の放射能温泉の由宇温泉、西部丘陵地には由宇ゴルフ場がある。

[三浦 肇]

『『由宇町史』(1966・由宇町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由宇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

由宇の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation