@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

由布岳【ゆふだけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

由布岳
ゆふだけ
大分県中部,別府市由布市にある溶岩円頂丘鐘状火山)。別称豊後富士標高 1583m。全山が角閃石安山岩からなる活火山で,多くの寄生火山を有する。山頂は西ノ岳,東ノ岳の 2峰に分かれ,西ノ岳のほうが高い。2峰の間に火口跡があり,山頂の北方大崩と呼ばれる絶壁を形成。その西にも御池と呼ばれる火口跡がある。頂上からの展望はすばらしく,夏のミヤマキリシマイワカガミなどの植物群落,冬の霧氷景観が特に美しい。阿蘇くじゅう国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆふ‐だけ【由布岳】
大分県中部、別府市と由布市との境にある鐘状火山。標高1583メートル。豊後(ぶんご)富士万葉集には「木綿(ゆふ)の山」とみえる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション

ゆふだけ【由布岳】
大分の麦焼酎名は、秀峰・由布岳のように愛される酒になるようにという願いを込めて命名白麹を用いて仕込み、減圧蒸留で造る。原料麦麹。アルコール度数25%。蔵元の「小野酒造」は大正元年(1912)創業所在地は由布市庄内町東長宝。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

由布岳
大分県、小野酒造株式会社が製造する麦焼酎。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆふだけ【由布岳】
大分県中部,鶴見岳の西隣に位置する火山。標高1584m。山頂部は大火口を有する溶岩円頂丘で,美しい山容から豊後富士の別名がある。山麓には飯盛山,日向岳など6個の側火山が分布している。北~北東山腹には大きな沢が発達し,浸食作用が著しい。山麓の塚原には,多数の流れ山(小丘)が点在している。噴火,噴気の記録はない。南西山麓には由布院温泉があり,観光名所の一つとなっている。【小林 哲夫

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

由布岳
ゆふだけ

大分県中部、別府市(べっぷし)と由布市湯布院(ゆふいん)地区との境にある火山。『豊後国風土記(ぶんごのくにふどき)』では、近くに柚富郷(ゆふのさと)があるので柚富の峰の名がついたとし、『万葉集』には木綿(ゆふ)山とある。豊後富士の称もあるが、含輝石角閃(かくせん)石安山岩溶岩からなる鐘状火山であり、裾野(すその)の発達は小さい。山頂は東ノ岳(1583メートル)と西ノ岳(1584メートル)の二峰に分かれ、その間に深さ60~70メートルの不完全な火口状くぼ地がある。山頂は九重(くじゅう)火山群、英彦(ひこ)山、祖母(そぼ)山などの展望に優れ、一帯は夏はミヤマキリシマ、冬は霧氷が美観を呈する。南麓(ろく)を九州横断道路が走り、登山口「一軒屋(いっけんや)」の標高は780メートル。阿蘇くじゅう国立公園(あそくじゅうこくりつこうえん)に含まれる。

[兼子俊一]

『加藤数功編『由布山』(1958・湯布院町観光協会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆふ‐だけ【由布岳】
(木綿(ゆう)をつくるシナノキを多く産したところから) 大分県中央部、別府市西端にある鐘状火山。標高一五八三メートル。歌枕。豊後富士。柚富峰(ゆふのみね)。木綿山(ゆうやま)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

由布岳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

由布岳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation