@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

甲子の士禍【こうしのしか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

甲子の士禍
こうしのしか
Kapcha sahwa
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の燕山君 10 (1504) 年,燕山君のなき母尹氏の復位問題から起った士禍。この年の干支が甲子にあたるため,この呼称がある。燕山君の奢侈浪費の結果,財政が困難になったため,王は功臣らに与えた田地奴婢を没収しようとしたので,功臣たちは反対に宮中生活に制限を加えようとし,反目が生じた。ここに任士洪が加わり,功臣排斥の陰謀を企て,尹妃が廃位,賜死された事情を燕山君に密告した。燕山君は驚き,尹氏を追崇して貞顕王后となし,成宗廟に配祀した。これに反対した権達手は処刑,李こうは流配された。また尹氏の廃妃に関連した尹弼商,李克均,成浚,李世佐,金宏弼ら数十名が殺害され,すでに死去した韓致享,韓明かい,鄭昌孫,魚世謙,鄭汝昌らも墓をあばかれが切られ,そのは家族や弟子にまで及んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲子の士禍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甲子の士禍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation