@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

甲比丹【カピタン】

デジタル大辞泉

カピタン【甲比丹/甲必丹】
江戸時代、長崎のオランダ商館館長の称。
江戸時代、日本にやって来たヨーロッパ船の船長。
縦糸に色糸、横糸に白糸を用いた縞の絹織物。1が将来したもの。
[補説]英語のキャプテンcaptain)と同語源。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぴたん【甲比丹】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カピタン【甲比丹】
江戸時代、ヨーロッパから日本に来航した外国船の船長。
江戸時代、長崎の出島に置かれたオランダ商館の館長。
が将来した経たて糸絹、緯よこ糸木綿の縞しま織物。 甲比丹とも書く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カピタン【甲比丹】
〘名〙 (capitão)
① 江戸時代、長崎の出島にあったオランダ商館の館長。
※俳諧・江戸通り町(1678)春「かびたんもつくばはせけり君が春〈芭蕉〉」
② 江戸時代に日本にやってきたヨーロッパの船の船長。
※歌謡・若みどり(1706)四・むらた「あのかびたんめ茶屋のそうびやうゑ、誓文あき風か」
③ 絹織物の一種。元来は①が持ってきたもの。現在では、山形県米沢地方で作られる。カピタン織。
※浮世草子・好色二代男(1684)一「木綿(きわた)の中入、上にかびたんの玉子色なるをひっかへしに、黒糸のぬいもん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

甲比丹
カピタン
江戸時代のオランダ商館のこと
ポルトガル語のcapitão(長)による。鎖国以前は,ポルトガルやイギリスの商館長も指した。多く1年交代で来任し,1633〜1850年までほぼ毎年江戸参府を行い,将軍謁見。またオランダ船の入港ごとに『オランダ風説書』を幕府に提出した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲比丹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甲比丹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation