@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

甲類焼酎【コウルイショウチュウ】

デジタル大辞泉

こうるい‐しょうちゅう〔カフルイセウチウ〕【甲類焼酎】
焼酎の種別の一。連続式蒸留機で蒸留した高純度のアルコールに水を加え、度数を調節したもの。そのまま飲むほか、無色透明でくせがないため酎ハイや梅などに向く。焼酎甲類ホワイトリカー。→乙類焼酎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

甲類焼酎
酎ハイやサワーなどのベースとして飲まれる無色透明な蒸留酒サトウキビを製糖する過程副産物である粗留アルコールを原料に、連続式蒸留器で蒸留。酒税法上のアルコール度は三六度未満。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

甲類焼酎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

甲類焼酎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation