@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

申告分離課税【しんこくぶんりかぜい】

大辞林 第三版

しんこくぶんりかぜい【申告分離課税】
他の所得と合算せず分離して税額を計算し、確定申告により納付する税。 → 源泉分離課税

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

投資信託の用語集

申告分離課税

分離課税で、かつ納税者申告をする方式のこと。日本の税制原則総合課税であるが、所得性質等の違いから、譲渡所得一定の所得については総合課税とは切り離し(分離し)て税金を計算し申告納税する仕組み。同じ分離課税でも源泉徴収で完結する源泉分離課税と違い、申告分離課税は確定申告をした上で納税する仕組みとなっている。

出典:(社)投資信託協会

申告分離課税」の用語解説はコトバンクが提供しています。

申告分離課税の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation