@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

男の子【オトコノコ】

デジタル大辞泉

おとこ‐の‐こ〔をとこ‐〕【男の子】
男性である子供。男児。
若い男性。「女の子」に対して、女性のから言い出された

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

お‐の‐こ〔を‐〕【男の子/男】
成人の男子。おとこ。⇔女(め)の子
「―やも空しくあるべき万代(よろづよ)に語り継ぐべき名は立てずして」〈・九七八〉
男の子。むすこ。
「すべて―をば、女に笑はれぬやうにおほしたつべしとぞ」〈徒然・一〇七〉
殿上(てんじょう)に奉仕する男子。殿上人(てんじょうびと)。
「何にても―どもに賜はせぬべからん賭物(のりもの)」〈増鏡・おどろの下〉
召使いの男。下男。
「あの―こちよれ」〈更級
目下の男子の名の下に付けて、親しみの意を表す語。
「又五郎―を」〈徒然・一〇二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おとこ【男】 の 子(こ)
① 男のこども。男児。また、むすこ。⇔女の子
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)中「銀もって来る男の子を養ふて、又銀のつく嫁(よめ)を取(とり)
② たいこもち。男芸者。幇間(ほうかん)
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「ぐっと色気を去って幇間(ヲトコノコ)を買ってあそんでも見たが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男の子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

男の子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation