@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

男衆【オトコシュウ】

デジタル大辞泉

おとこ‐しゅう〔をとこ‐〕【男衆】
男の人たち。おとこしゅ。おとこし。「御輿(みこし)を担ぐ男衆」⇔女子衆(おなごしゅう)女衆
男の奉公人。おとこしゅ。おとこし。⇔女子衆女衆
役者芸者などの身の回りの世話をする男。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おとこしゅう【男衆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おとこ‐し をとこ‥【男衆】
〘名〙 (「おとこしゅう(男衆)」の変化した語)
※山彦(1907)〈鈴木三重吉〉「瘤の煙草入の男かと聞いたら、あの男仕(ヲトコシ)でござりますと笑ふ」
※雑俳・冠付五百題(1857)「片言交り・追廻(ヲトコ)しにはつかひよい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おとこ‐しゅう をとこ‥【男衆】
〘名〙 (「おとこしゅ」とも)
① 男の人たち。⇔女子衆(おなごしゅう)
※言継卿記‐大永七年(1527)二月二八日「又男衆甘露寺一品、中御門父子、四条父子、柳原、法印等也」
② 下男。男の奉公人。おとこし。⇔女子衆(おなごしゅう)
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「御祝義の十二銅、男衆(ヲトコシュ)への水引包は、二つの三方にうづ高うして」
③ 役者または、花柳界で芸者などの身のまわりの世話をする男。おとこし。
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「或る女優にのぼせて男衆(ヲトコシウ)のやうにしてゐるなどといふ者さへあった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男衆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

男衆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation