@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

男装【ダンソウ】

デジタル大辞泉

だん‐そう〔‐サウ〕【男装】
[名](スル)女性が、男性の服装をしたり男性に扮装したりすること。「男装麗人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

男装
だんそう

男性の装いのことであるが、一般には女性が男性の装いをする場合をさす。その動機は、たとえば性的倒錯から、あるいは日本舞踊で男舞をするため、演劇で女優が男役を演ずるため、またオペラやバレエで女性歌手やバレリーナが少年役を演ずるためなど、いろいろある。このような性的倒錯や芸術上の女性の男装は、確かに同じ動機による男性の女装と似通っている。

 しかし、女性の男装には男性の女装と違う別の動機もある。それは、古代から洋の東西を問わずにある男尊女卑の風潮に起因している。たとえば、それはイスラム教では一夫多妻制である。またユダヤ教では男性青年には寛大だが少女に処女性を厳しく要求しているし、仏教には『法華経(ほけきょう)』にみられる「変成男子(へんじょうなんし)」のように女性は一度男性になることによってのみ成仏できる、という思想がある。宗教からしてこのようなありさまなので、政治的・社会的権威はつねに男性世界を中心に成り立っていた。そこで、男勝りの仕事をする女性にしばしば男装がみられた。三韓侵略物語の説話的人物の神功(じんぐう)皇后、フランスを救ったジャンヌ・ダルク、また17世紀のスウェーデン女王クリスティから、小説家ジョルジュ・サンド、「満州事変」当時スパイ活動で活躍した川島芳子(よしこ)らに至るまで、好んで男装をした。女性軽視の激しかった武家世界に入り込むため、平安末期の白拍子(しらびょうし)たちは男性衣装をまとった。一方、社会的に差別的制約を受けた女性たちが、女性同士の社会をつくるとき、一部の女性が男性化し、他の女性たちのアイドルになるという傾向もある。宝塚などの少女歌劇も、このような風土のうえに成功したものである。

 男女差別の少なくなった現在でも、女性に男性的服装が広くみられる。ただしこれは、着装における社会的規範が崩れた女性服装の、ファッションの一部としてのユニセックス現象で、かならずしも男装とはいえない。

[深作光貞]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だん‐そう ‥サウ【男装】
〘名〙 女性が男性のよそおいをすること。男のいでたち。
※婦女の鑑(1889)〈木村曙〉九「身は男装のよそほひなし鏡に向ひて」
※上海(1928‐31)〈横光利一〉三八「それが男装してゐる秋蘭だったことに気がついた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男装」の用語解説はコトバンクが提供しています。

男装の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation