@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

男鹿半島【おがはんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

男鹿半島
おがはんとう
秋田県西部,日本海に突出する半島。面積 224km2。大部分が男鹿市に属する。新第三紀層の出羽山地から取り残された男鹿島が,二つの砂州によって結びつけられた陸繋島。南の砂州は雄物川の運んだ土砂で形成されたもので,全長約 22km,幅約 4km。北の砂州は米代川の土砂で構成され,全長約 24km,幅 2km。男鹿島は新第三紀の火山岩からなり,溶岩円頂丘鐘状火山)の本山や二重式火山寒風山噴出西部には大規模な海食崖や,一ノ目潟などのマールが発達。南東船川,西の戸賀,北の北浦に港がある。北端には入道崎,八望台などの景勝地や男鹿温泉があり,1973年男鹿国定公園指定され,半島一周道路が完成。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

おが‐はんとう〔をがハンタウ〕【男鹿半島】
秋田県西部、日本海に突出する半島。かつて島であったが、南北に砂州を形成し、八郎潟を抱く陸繋島となった。寒風山や一ノ目潟温泉などがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おがはんとう【男鹿半島】
秋田県西部,日本海に突出する半島。日本海内側島列に属する男鹿島(西部山地)と,その東方に噴出した寒風山が半島の主体部で,雄物川,米代川両河口から伸びた2本の砂州が南北の脚部を構成する。典型的な複式陸繫島で,その内側に大潟村をのせた八郎潟を抱く。西部山地は本山(ほんざん)火山群(本山715m,真山,毛無山)と,北部の目潟群(一ノ目潟,二ノ目潟三ノ目潟)などから構成される。前者石英安山岩,流紋岩,変質安山岩などより成る溶岩円頂丘で壮年期の地貌を呈するが,後者は小爆裂火口群で,周辺一帯に目潟火山放出物や戸賀軽石層を堆積した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

男鹿半島
おがはんとう

秋田県のほぼ中央部で日本海に突き出した半島。かつては海峡を隔てて本土と相対していた男鹿島であったが、本土側北部の米代川(よねしろがわ)、南部の雄物川(おものがわ)の運搬物と、島からの流出土砂がしだいに成長して砂州、砂丘となって北と南の両方でつながり、八郎潟(はちろうがた)を抱く陸繋島(りくけいとう)となった。第三紀層からなり、13段ほどの海岸段丘が発達し、その上に西部の本山(ほんざん)火山群と東部の寒風山(かんぷうざん)火山をのせている。本山は標高715メートルで半島の最高峰である。トロイデ型で、黒雲母(くろうんも)流紋岩からなる。北に真山(しんざん)、南に毛無山(けなしやま)の両火山があり、一帯はスギの美林が分布している。同じ火山活動による一ノ目潟、二ノ目潟、三ノ目潟のマール群は北西部海岸近くにあり、戸賀湾も二つのマールが海食により沈水したものといわれる。寒風山は標高355メートル。輝石安山岩からなる二重式火山で、山体はアスピーテトロイデ型をなしている。周辺山麓(さんろく)からは寒風石と称される石材が掘り出され、石垣用や墓石用に使用されている。西海岸は凝灰岩、集塊岩からなる断層海岸で、北部の入道(にゅうどう)崎から南の門前(もんぜん)まで海食洞、天然橋、奇岩怪石などの景観が展開する。寒風山、本山、西海岸は景観に優れ、男鹿国定公園に指定されている。

[宮崎禮次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

男鹿半島
(秋田県男鹿市)
日本百景」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おが‐はんとう をがハンタウ【男鹿半島】
秋田県西部、日本海に突出する半島。雄物川と米代川の河口から延びた砂州が、沖合の島とつながってできた複式陸繋島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男鹿半島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

男鹿半島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation