@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

町人【ちょうにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

町人
ちょうにん
江戸時代,都市に居住した商工階級。厳密には土地,家屋をもつ地主や家持ちに限られたが,一般には店借人 (たながりにん) などの下民も含んでこう呼ばれた。鎌倉時代頃から大都市に定住して商工業を営み,安土桃山時代の武士の城下町定住に伴って町人としての身分を確立した。堺の会合衆 (えごうしゅう) (納屋衆) ,京都の町衆 (まちしゅう) はその最上層に属し,市政自治を行なったこともある。江戸時代には士農工商の身分階級のうち,工商 (職人,商人) が町人に属し,町人のなかには幕藩体制に寄生した存在として商品流通を支え,大坂の掛屋,江戸の札差など経済面での支配として成長したものが多い。文化的にも 17~18世紀の元禄文化,19世紀の化政文化の中心的にない手となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう‐にん〔チヤウ‐〕【町人】
江戸時代、都市に住んだ商・工業者の総称狭義には家持ち・地主をいい、店(たな)借り・地借りは含まれない。中世までは身分として明確には成立していなかったが、近世初期の兵農分離政策により、士・農階層と区別して固定化された。身分的には下位におかれたが、両替商札差などの金融業者はを蓄積して領主の経済を動かし、また、町人文化担い手ともなった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まち‐にん【町人】
ちょうにん(町人)」に同じ。
「鞘なき守り刀を添へて捨てけるを、―拾ひ養育して」〈和泉式部

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうにん【町人】
日本近世における被支配諸身分の中で,百姓や諸職人とともに最も主要な身分の一つ。その基本的性格としては,(1)さまざまな商業を営む商人資本であること,(2)都市における家持(いえもち)の地縁的共同体である町(ちよう)の住民であり,正規の構成員であること,(3)国家や領主権力に対して,町人身分としての固有の役負担を負うこと,などがあげられる。以下(1)~(3)について説明する。(1)16世紀末~17世紀初頭において日本の近世社会は,古代末期以来の長期の歴史過程が生み出してきた多様で高度な分業の諸局面を,その担い手である小生産者や小経営,小資本ぐるみ掌握し,これらを各種の諸身分へと一挙に編成替えすることをもって出発した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうにん【町人】
近世、都市に住む商工業者。狭義には家持ちの町の住民をさすが、広義には店借たながり・地借じがりをも含む。前者の中から町役人が選出され、ある程度の自治が行われた。身分的には武士・農民より下位に置かれたが、経済力を背景に強い発言力を持つに至った者もあり、近世都市文化を中心的に担う層となった。まちにん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

町人
ちょうにん
江戸時代の都市に居住する商工業者。公的な身分称呼としては、町屋敷を所持する地主・家持(いえもち)層に限定される。[鶴岡実枝子]

町人の生成

町人の語源は、平安末期の京都において、官設の東西市(いち)の衰微にかわって出現した常設の店棚(みせだな)の増加によって形成された商業地区=町の住人を指称する「まちびと」であった。下って『吾妻鏡(あづまかがみ)』の建保(けんぽ)3年(1215)7月条に「町人以下鎌倉中諸商人の員数を定むべきの由、仰せ下さる」とあって、町人と諸商人とは区別されている。このことは、当時の一般の諸商人は町屋をもたず、地方の市場を移動遍歴する行商人であり、「町人」が商人の総称になりえなかったことを示している。その後の農業生産力の上昇、商工業の発達によって、社寺の門前や港町など、商工業者の集住する都市の形成が進められた。さらに海外貿易の振興に伴い、蓄積された商業資本を高利貸資本に活用するなど、豪商が台頭し、戦国大名の御用商人になるなど、社会的存在を顕著にしていった。とくに室町・戦国期には、京都・奈良・堺(さかい)などの代表的な都市では、打ち続く戦乱と治安の不安定さのなかで、町は従前の商工業地区から生活共同体としての町(ちょう)へと変質を遂げ、地縁的な結合を強め、自衛のための自治組織をもつに至り、町人階級を形成しつつあった。もっともこれらの都市共同体は、酒屋・土倉(どそう)などの富商地主であった上層町衆(ちょうしゅう)によって主導され、頻発した土一揆(つちいっき)・一向一揆などには武力をもって対抗する、兵農商未分離の実態を備えていた。[鶴岡実枝子]

町人身分の成立

近世社会における、いわゆる士農工商という身分制度は、統一政権豊臣(とよとみ)氏と、それを引き継いだ徳川政権による兵農分離政策によって編成された。すなわち、16世紀末の刀狩(かたながり)・太閤(たいこう)検地を基軸として展開された兵農分離は、在地の武装を解除して支配階級である武士による武力の独占を図るとともに、農業生産から遊離して地侍(じざむらい)化した上層農民の一部を家臣団に組み入れ、一部を御用商人に登用し、その余を農民身分として土地に緊縛して貢租負担者とした。そして町場に居住する者、および散在の商工業者を都市に集めて町人身分とした。つまり、士と商工の農業生産からの分離による都市集住の制度化によって、身分・居住・職能の三位(さんみ)一体の固定化が図られたのである。それは、一定の経済発展に基づく社会的分業関係に対応した身分編成という側面もあるが、より本質的には、一定度の商品流通を前提とした石高(こくだか)制に基礎を置く幕藩領主の再生産を維持するための政治的身分編成であったといえよう。
 近世初頭に諸大名によって建設された城下町には、領主・武士の軍需と消費を支えるための商工業者が集められた。職人町としての鍛冶(かじ)・紺屋(こんや)・大工・木挽(こびき)・革屋・研(とぎ)屋・塗師(ぬし)町などと、商人町としての石(こく)(穀)・呉服(ごふく)・塩・魚(さかな)・油・茶町などの町名が城下町に一般的に存在することは、成立期にそれらの業種の商工業者が優先的に町割を受け、同業集居の形態をとり、領主に掌握されていたことを示す。[鶴岡実枝子]

町人の負担と階層

徳川政権による幣制の統一、交通網の整備などを背景に、各城下町と江戸・大坂・京都などの中央都市を結ぶ全国的な商品流通の展開は、港湾などの中継交易都市の繁栄をもたらした。このような都市の町人の負担は、多くの場合、地子(じし)(租)を免除されたかわりに夫役(ぶやく)(町役)が課せられた。ただし、城下町では武器・武具や日用品の生産・修理に携わる指定職種の職人町は技術労働の提供が義務づけられ、また交通機能をもつ町は伝馬(てんま)役を務めたが、その他の町々は城中の普請・掃除、市街地の防災などの人足役に徴用された。もっとも、これらの人足役は早い時期から貨幣納化した。このほか町人は恒常・臨時の町入用を負担したが、町役・町入用とも屋敷地の所持者=家持の負担であった。したがって正規の町人身分とは家持に限定され、町役・町入用を負担しない地借(じがり)・店借(たながり)は町共同体の構成員とは認められず、身分的に区別された。
 流入人口の増大に伴う都市域の拡大に象徴される17世紀後半以降の都市の発展は、軍需の減退と相まって同業集居の形態を崩し、都市民の構成を変えていった。すなわち、町の開発に貢献して町役人となった門閥町人や、領主の特需の調達にあたった前期の特権商人にかわって、新興の問屋(といや)・仲買や両替商などが経営を伸長させ、大名貸などによって財政窮乏の深刻化した幕藩領主の御用商人となり、苗字(みょうじ)・帯刀御免や扶持米(ふちまい)を受けるなど士分の待遇を得、町人の上層を占めるに至った。そしてこれら上層町人による町地の集積は不在地主の増加をもたらし、町共同体の形骸(けいがい)化に連なった。かわって地借・店借層をも含めた同業組合としての仲間の結成による職縁的結合が都市の重要な構成要素となり、本来屋敷地所持を基本とする町人の称呼は、一定度自立した経営をもつ地借・店借の商人層にまで拡散され、一般化した。[鶴岡実枝子]
『坂田吉雄著『町人』(1939・弘文堂/再版・1978・清水弘文堂) ▽中井信彦著『町人』(『日本の歴史21』1975・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐にん チャウ‥【町人】
〘名〙 町に住んでいる者。町に住む商人と職人。狭義には家を持つ町住民をさしていった。あきんど。まちゅうど。市人。町民。
※古事談(1212‐15頃)一「小松帝親王之間、多借用町人物
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)中「町人の子は町人の親が育てて商売の道を教ゆる故に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まち‐にん【町人】
〘名〙 町に住んでいる人。まちじん。まちゅうど。ちょうにん。
※御伽草子・和泉式部(室町末)「鞘なき守刀を添へて捨てけるを、まちにん拾ひ養育して、比叡の山へのぼせけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まちゅうど まちうど【町人】
※菅江真澄遊覧記(1784‐1809)恩荷奴金風「小山田が末の子まちうどとなりて、今もここに荘左衛門とて尚あり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まち‐びと【町人】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

町人
ちょうにん
江戸時代,町方 (まちかた) (都市)に居住する商・工身分
町方人別 (まちかたにんべつ) に所属し,地主・家持以外の地借 (じがり) ・店借 (たながり) は一人前の町人とみなされない。室町末期の社会・経済の発展から農・工・商が分化し,特に江戸幕府が商人の農村居住を禁じたので都市に集住した。江戸時代,町人は武士の恩恵のもとで営業すると考えられ,士・農の下に置かれ,年貢の代わりに運上・冥加 (みようが) 金を納めた。国内産業の発達で町人勢力が増大し,その経済力の向上は元禄・化政の町人文化を生み,町人出身の学者・文人も輩出した。井原西鶴は大坂町人の勤勉・倹約才覚を浮世草子に記している。町人の中には財力で武士をしのぐ者があり,大名旗本に融資してその財政を制する者や持参金で武士と養子縁組する者も出現した。しかしその代表者が御用商人であるように,封建経済に寄生する性格を免れず,社会変革を指導するまでには至らなかった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

町人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation