@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

町火消【まちびけし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

町火消
まちびけし
江戸時代の町方の消防組織。町民や人足が町ごとに火事場に駆けつけた店 (たな) 火消 (1715設置) に始るといわれるが,あまり効力はなく,町火消が設置されるまでは,定火消 (じょうびけし) ,大名火消消防主力であった。明暦の大火後,町火消の組織化がはかられ,享保3 (18) 年町奉行大岡忠相により町火消の設置が定められた。いろは 47組の町火消ができたのは同4年頃で,同 15年には 47組を 10組に編成,のち本組が加わり 48組となった。各組ごとに頭取がおり,その下に頭, (まとい) ,纏持ち,梯子持ち,平人 (ひらびと) ,人足の階級があった。消防夫を (とび) というのは,町がかえの鳶人足 (→鳶職 ) が平人となって消火にあたったことに由来する。担当区域は,主として町家に限られたが,のちには武家屋敷の消火にも進出,特に弘化1 (1844) 年の江戸城本丸の火災には大活躍をした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まちびけし【町火消】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

町火消
まちびけし
江戸における、定火消(じょうびけし)、大名火消など武家方の消防に対する町方の消防組織。町奉行の監督下に置かれ、いろは四十八組(初め四十七組)で知られる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まち‐びけし【町火消】
〘名〙 江戸時代、武家の消防隊に対し、町人が自治的に設けた消防組。江戸と大坂に設けられ、江戸では、いろは四七字によって組を分け、本所・深川には別に一から一六組までがあり、計六三組。各組とも頭取の下に頭(かしら)・纏持(まといもち)・梯子持(はしごもち)・平人・人足の五階級があった。大坂は、雨・川・波・滝・井の五組に分けられていた。
※談義本・銭湯新話(1754)一「町火消(マチヒケシ)の纏挑灯同然な」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

町火消
まちびけし
江戸時代の町方の消防組織
1718年から,町奉行大岡忠相 (ただすけ) が町人自衛の店火消を発展させ,「いろは48組」など約1万人の消防組を編成,町の費用で江戸の消防にあたらせた。組ごとに纒 (まとい) をもち,武家の定火消・大名火消の領域にも進出し活動した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

町火消」の用語解説はコトバンクが提供しています。

町火消の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation