@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

界磁巻線【かいじまきせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

界磁巻線
かいじまきせん
field magnet coil
発電機などに用いられる電磁石 (界磁石とも呼ばれる) において励磁電流を流す巻線。通常,励磁電流電源としては発電機自体の発生電力を利用する自励方式が用いられ,界磁巻線が発電機のコイル並列に連なる分巻き,直列に連なる直巻き,両者を併用した複巻きなどの巻き方がある。直流電動機では,界磁巻線の電流を変えることにより回転速度を制御することができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいじまきせん【界磁巻線】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

界磁巻線
かいじまきせん

界磁

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

界磁巻線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

界磁巻線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation