@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

畜生【ちくしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

畜生
ちくしょう
tiryañc
仏教用語。一般にけだものをいう。六道の一つとされ,生前悪徳行為をしたものは,死後にこれに生れ変るという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちく‐しょう〔‐シヤウ〕【畜生】
《〈〉tiryañcの訳。人に飼われる生き物の意。傍生・横生とも訳す》
鳥・獣・虫魚の総称。人間以外の動物。
畜生道」の略。
人を憎んだり、ののしったりしていう語。感動詞的に、怒りや失望などの気持ちを表すときにも用いる。「畜生め、おぼえてろ」「畜生、うまくいかないなあ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちき‐しょう〔‐シヤウ〕【畜生】
ちくしょう(畜生)」の音変化。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちくしょう【畜生】
サンスクリットのtiryag‐yoniの訳語。原語のtiryac(本来はtiryañc)は〈横の〉を,yoniは〈生れ〉を意味している。それゆえ,〈横に動く生き物〉で,獣・動物を指す語である。畜生と訳したのは,前半部のtiryacのなまった形に畜の音を当て,後半のyoniは意味をとって生としたものかと思う。〈傍生(ぼうしよう)〉とも訳されている。古来,人が食用や力役(りきやく)のために畜養するけものであるから,畜生と名づけられたと誤って解釈され,また傍生の傍は傍行(ぼうこう)(横ざまに動く)の意味ともされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

畜生
ちくしょう

「人間以外の生物」を意味する仏教用語。サンスクリット語はティリヤンチtiryañcで、傍生(ぼうしょう)とも訳し、「身体を地面に平行にして進むもの」を意味する。漢訳「畜生」は、人間に養われ酷使される動物の意。いずれにしても好ましくない生存形式として、地獄、餓鬼(がき)とともに「三悪道」を構成し、六道(ろくどう)の一つに数えられる。『倶舎論(くしゃろん)』に「傍生の本拠地は大海であるが、のちに流転(るてん)して諸処に広がった」とある。経典により、空行(くうぎょう)、陸行(りくぎょう)、水行(すいぎょう)の3種、昼行、夜行、昼夜行の3種、胎生(たいしょう)、卵生(らんしょう)、湿生(しっしょう)、化生(けしょう)の4種などに分けられている。なお日本では人をののしることばに用いられる。

[定方 晟]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちき‐しょう ‥シャウ【畜生】
〘名〙 「ちくしょう(畜生)」の変化した語。感動詞的にも用いる。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉七「畜生(チキセウ)(〈注〉チクシャウ)」
※ヴィヨンの妻(1947)〈太宰治〉一「ちきしゃう! 警察だ。もう承知できねえ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちく‐しょう ‥シャウ【畜生】
〘名〙 (tiryañc の訳語)
① (人に飼養されて生きているものの意から) 禽獣・虫魚などの総称。畜趣。ちきしょう。
※霊異記(810‐824)上「畜生すら猶恩を忘れずして恩返報す。何(いか)に況(いは)むや義人にして恩を忘れむや」 〔韓非子‐解老〕
※百座法談(1110)閏七月八日「三途八難の遠き道と申は地獄餓鬼畜生にこそは候なれ」 〔法華経‐譬喩品〕
③ 他人をののしっていう語。人でなし。強く憎んだりうらやんだりした時にいう語。感動詞的にも用いる。こんちくしょう。やつ。ちきしょう。
※虎明本狂言・河原太郎(室町末‐近世初)「其やうな事が有ものか、あのちくしゃうが」
※塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉六「貴所(あなた)どうか多助の畜生を殺してください」 〔隋書‐后妃伝・宣華夫人陳氏〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畜生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

畜生の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation