@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

畠山政長【はたけやままさなが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

畠山政長
はたけやままさなが
[生]嘉吉2(1442).山城
[没]明応2(1493).閏4.25. 河内
室町時代中期の武将。室町幕府の管領 (在職 1464~67) 。弾正少弼,尾張守,左衛門督。持富の子。叔父持国の養子。畠山家では享徳3 (54) 年持国とその子で家督の義就に対し,家臣が反対して細川勝元の力をかり,持国の甥弥三郎 (実名不明) を擁立して争った。弥三郎の死後は政長が推され,長禄4 (60) 年政長は持国父子を追払い家督となった。ここに畠山氏は2流に分裂。一時和したが,抗争を続け政長が優勢であった。文正1 (66) 年義就が山名宗全に迎えられて入京し,翌年ついに応仁の乱となった。政長は以後3度管領に補任されて幕府長老となったが,その専横諸将に憎まれ,明応2 (93) 年細川政元,山名,一色氏らに攻められ,河内正覚寺城で自刃

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はたけやま‐まさなが【畠山政長】
[1442~1493]室町中期の武将。幕府の管領(かんれい)。畠山持国養子となったが、持国に実子義就(よしなり)が生まれたので追放された。のち、家督をめぐって義就と抗争を続け、応仁の乱一因をつくった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

畠山政長 はたけやま-まさなが
1442-1493 室町時代の武将。
嘉吉(かきつ)2年生まれ。畠山持富の子。畠山持国の実子義就(よしなり)と家督をあらそい,応仁(おうにん)の乱を誘発した。河内(かわち)・紀伊(きい)・越中・山城守護,数度にわたり管領(かんれい)となるが,細川政元に攻められ,明応2年閏(うるう)4月25日自殺した。52歳。幼名は弥二郎,次郎。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

はたけやままさなが【畠山政長】
1442‐93(嘉吉2‐明応2)
室町中期の武将。持富の子。畠山義就と惣領職を争い応仁・文明の乱の一大原因となる。乱では東軍に属し奮戦した。1460年(寛正1),67年(応仁1)惣領となり河内・越中・紀伊守護に補任される。64年以来数度管領に任ぜられ,77年(文明9)よりほぼ10年間この任にあり,山城守護も兼任する。93年将軍足利義稙を擁して河内に出陣中,細川政元に攻められ河内正覚寺城で自刃した。【鳥居 和之】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

畠山政長
はたけやままさなが
(?―1493)

室町・戦国期の武将。持富(もちとみ)の子。尾張守(おわりのかみ)、左衛門督(さえもんのかみ)。持富の兄畠山持国(もちくに)には嫡出の実子がなく、そのため1448年(文安5)にいったんは持富を家督後継者としたが、直後に庶出の子義就(よしなり)に改めた。しかし、義就の継承に反対する被官衆は持富の子弥三郎を擁立しようとし、それが54年(享徳3)に発覚すると、畠山家を二分する抗争に発展した。弥三郎は59年(長禄3)に病死したため、かわって擁立されたのが弟の次郎政長である。政長は60年9月に細川勝元(ほそかわかつもと)らの援助により家督を相続して、河内(かわち)・紀伊(きい)・越中(えっちゅう)守護となり、河内嶽山(だけやま)城に籠城(ろうじょう)した義就を63年(寛正4)に攻め落として大和(やまと)の吉野に追い、翌年9月に管領(かんれい)に就任した。しかし、細川勝元と対抗する山名宗全(やまなそうぜん)の画策により、66年(文正1)12月河内より上洛(じょうらく)した義就が赦免され、67年正月に管領を罷免された政長は、自邸を焼き上御霊社(かみごりょうしゃ)に陣し、義就と戦闘となり、ここに応仁(おうにん)の乱が始まった。南山城(みなみやましろ)を掌握していた義就は77年(文明9)に河内に下向し、河内の実質的支配権を奪った。政長は翌年山城守護となり、84、85年に南山城で対陣したが、山城国一揆(いっき)の成立により撤兵を余儀なくされた。93年(明応2)、将軍足利義材(あしかがよしき)(義稙(よしたね))とともに政長は、死去した義就の嫡子基家(もといえ)の征伐に河内に出陣したが、細川政元(まさもと)による香厳院清晃(こうごんいんせいこう)(義遐(よしとお)・義高(よしたか)・義澄(よしずみ)と改名)の将軍嗣立(しりつ)の政変にあい、ために基家赦免、政長征伐となり、政元軍に攻められ、嫡子尚順(ひさのぶ)を紀伊に逃した後、閏(うるう)4月25日に河内正覚寺(しょうがくじ)城でおもだった被官衆とともに自害した。勝仙院(しょうせんいん)と号す。

[石田晴男]

『『大阪府史 第4巻』(1981・大阪府)』『『富山県史 通史篇Ⅱ』(1984・富山県)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はたけやま‐まさなが【畠山政長】
室町幕府の管領。畠山持国の弟持富の子。持国の養子となったが、持国に実子義就が生まれたのち追放された。細川勝元らの助けを受けて家督を継いだが、義就と対立。畠山氏二派の抗争は応仁の乱の原因となった。のち細川政元らに攻められて河内で自害。法名実隆寺。嘉吉二~明応二年(一四四二‐九三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

畠山政長
はたけやままさなが
1442〜93
室町時代の武将
幕府の管領。持国の養子となったが,持国に実子義就 (よしなり) が生まれ,これと家督を争った。細川勝元・山名宗全の援助をうけ家督をついだが,のち義就は宗全と結び政長を攻めたので,応仁の乱の一因となった。その後細川政元と対立し河内国大阪府)正覚寺城を囲まれ自殺した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山政長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

畠山政長の関連情報

関連キーワード

足利義勝細川持之請求権・経済協力協定後土御門天皇崇禅寺本泉寺板取川ウィンタートゥール岩船寺

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation