@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

略字【りゃくじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

略字
りゃくじ
比較的複雑な字画漢字について,その点画を省略したり,ほかのより簡単な字形に変えたりしてできた簡略な字体。「學」に対する「学」などがその例。なかには,「体」 (「體」) や「芸」 (「藝」) のように,本来別な字と同じになったものもある。日本での当用漢字字体表制定や,中国での簡体字の制定のように,教育的な目的から略字をつくることもある。これらは,すでに公に正しい字として認められたものである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゃく‐じ【略字】
字画の複雑な漢字について、その点画の一部を省いて簡略にしたもの。「醫」を「医」、「學」を「学」などと書く類。略体

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゃくじ【略字】
字画が複雑な漢字について,その点・画を省略した文字。また,ある字に代用される字画の簡単な文字。中国の場合〈略字〉ということばは使わないが,事がら自体は古くから存在する。というよりも,漢字発展の歴史そのものが,概していえば略字化,簡略化への道すじであったといってさしつかえない。今の〈簡体字〉はその道すじの中の一つの段階であるにすぎない。〈今の〉簡体字は,いわば国定という特定の略字のセットだが,簡体字をそういう〈固有名〉に限らないとすれば,簡体字すなわち略字として,漢字の歴史そのものが,次から次へと作られる簡体字の歴史であったといっていいのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゃくじ【略字】
字画の複雑な漢字で、点画の一部を省くなどして簡略な字形にしたもの。「醫」を「医」、「學」を「学」、「假」を「仮」などとする類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

略字
りゃくじ
漢字の字画の一部を省略したり、全体の構成を簡略化することで書記の労力を省いたり、細書の便を図ったもの。異体字の一種。現代の中国では簡体字という。略字に対し、そのもとになった標準的な字体を正字本字(中国では繁体字)という。略字には、(1)正字の字画のうち一部分を省略したもの(獨→独、聲→声、號→号など)、(2)正字の構成要素の一部(主として表音部分)を簡略形に変えたもの(釋→釈、鐵→鉄、廣→広など)、(3)正字の微細な点画を省略したもの(→者、壯→壮など)、(4)正字の草書体をもとにして構成したもの(盡→尽、當→当など)、(5)正字の全体を他の簡略な形に変えたもの(禮→礼、萬→万、臺→台など)がある。中国では楷書(かいしょ)体の成立後まもなく略字が使用されたといわれるが、それらは基本的には一時的、便宜的、非公式なものと意識されていた。20世紀に入って略字(簡体字)を正式の字体として扱おうとする運動が起こり、とくに中華人民共和国成立(1949)以後は国策として簡体字化が推進されている。1956年には国務院が「漢字簡化方案」を公布し、64年に中国文字改革委員会が発表した簡体字2252字が現在正式の字体として使用されている。
 このなかには点、独、号、声、虫など日本の常用漢字の字体に一致するものもあるが、云(雲)、(時)、气(気)など一致しないものも多い。日本でも略字は漢字輸入の当初から使用され、隅田八幡(すだはちまん)神社蔵人物画像鏡(5~6世紀)には同(銅)、竟(鏡)、大宝(たいほう)2年(702)の美濃(みの)国戸籍帳にはム(牟)、(部)などがみえる。略字は第二次世界大戦後の当用漢字の字体に多く採用され、現在の常用漢字にも継承されている。[月本雅幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゃく‐じ【略字】
① 字画の複雑な漢字について、その点画などを省略して簡単にしたもの。または、その漢字と同意の漢字で、字画の簡略なもの。「聲」を「声」、「廳」を「庁」などと書く類。
※史記抄(1477)四「字は何と云字ぞ。恐は葉の字をばし略字に書た歟と思て」
② 頭文字。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉二「一々『何々工場』と書く手数を省く為めH、A〈略〉等のアルハベットに Mill の略字Mを添へて言ひ表はす」
[補注]①には、(イ)正字の構成部分のうち、特徴的な部分をとった「声」(聲)、「独」(獨)、「畳」(疊)、「点」(點)など、(ロ)正字の構成部分を別源の簡易な字形に置き換えた「払」(拂)、「釈」(釋)、「鉄」(鐵)、「浜」(濱)など、(ハ)正字の草書字形を楷書風の点画構成にした「尽」(盡)、「児」(兒)、「為」(爲)など、(ニ)正字の一部点画を省減し、運筆上書きやすい形にした「徳」(德)、「黒」(黑)、「倹」(儉)、「者」(者)などがある。また、「礼」(禮)、「万」(萬)、「虫」(蟲)などのように、本来正字であったものが、意味に共通することや類似する点が多いことなどから、①に含められている例もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

略字」の用語解説はコトバンクが提供しています。

略字の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation