@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

番傘【ばんがさ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

番傘
ばんがさ
和紙を張った粗製雨傘のこと。江戸時代の中頃から竹製の骨に厚めの紙を張った雨が普及した。上等のものが蛇の目傘であるが,番傘は一般に2尺6寸 (約 80cm) の柄に 54本の骨を糸でくくり,直径は3尺8寸 (約 115cm) 。商家で客に貸したり,使用人が利用するため,紛失を防ぐのに屋号家紋とともに番号をつけたので,この名が出たといわれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばん‐がさ【番傘】
太い竹の骨に和紙を張り、その上に油を引いた実用的な雨傘。もと、商家などで番号をつけて客に貸したところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんがさ【番傘】
粗末な雨傘の呼名語源は番号を書いた傘の正徳(1711‐16)のころに大坂の大黒屋がつくった傘が古く,1本の竹を30~35本に割った太い骨に白紙を張り,荏油(エゴマ油)で防水してあった。これが江戸に伝えられ丈夫で値段の安いことから庶民の間で大いに流行し,大黒屋傘の名で全国にひろまったが,上流階級には使われなかった。享保(1716‐36)のころには和歌山で,大黒屋傘の骨竹を細くした粗雑なつくりの傘がつくられ,江戸に出荷された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

番傘
ばんがさ

雨傘の一種。江戸時代中期に大坂でつくられた大黒屋の「つんぼ傘」が、江戸に下って番傘とよばれた。元来、紙が厚く、骨竹の削りが粗く、荏油(えのあぶら)を引いたもっとも安価な傘である。だいたいは大坂産であったが、8代将軍吉宗(よしむね)のころから江戸でもつくられるようになった。形は普通直径が3尺8寸(約1.15メートル)、骨数は54、柄(え)の長さは2尺6寸(約79センチメートル)くらいである。商家では店の者が使用したり、大店(おおだな)では驟雨(しゅうう)のおりに貸すために屋号の印や、「子(ね)の十五番」などと番号を入れたりした。それが番傘とよばれた語源である。職人の家でも他人と間違えないため名前を入れることもあったが、一般には無地のものを用いた。

[遠藤 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐がさ【番傘】
〘名〙 油紙を貼り竹を骨とした雨傘。
※歌舞伎・勝相撲浮名花触(1810)大切「大のしの番傘を中開きにして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番傘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番傘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation