@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

番楽【バンガク】

デジタル大辞泉

ばん‐がく【番楽】
秋田・山形両県に分布する山伏神楽。多くはから秋にかけて行われ、の古態を残しているといわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばんがく【番楽】
民俗芸能。東北地方に伝承する山伏神楽で,番楽は秋田,山形での名称。また神楽舞の種類名。東北地方の神楽は,山伏の一団権現(ごんげん)様と呼ぶ獅子頭を神座として奉じ,霜月や正月に檀家をまわって火伏せ,悪魔払いなどの祈禱をした。終わってから民家の座敷などで中世面影を残す一種の能や舞を演じたが,それらの曲のうち武者を主人公とした勇壮な曲を番楽の名で総称した。激しい動きを特色とし,《信夫(しのぶ)》《鈴木》《曾我》《鞍馬》《八島》《橋弁慶》《大江山》《羅生門》などの曲がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

番楽
ばんがく

山伏神楽(やまぶしかぐら)のうち、日本海側の秋田・山形県に分布するものをこの名でよぶ。単に獅子舞(ししまい)ともいうが、江戸時代には舞曲(あそび)とも称していた。番楽は『曽我(そが)物語』や『平家物語』に取材した荒々しくテンポの速い武士舞を特色とし、これら武士舞を一般に番楽舞ともいうところに名称の由来があるといわれる。番楽は修験道(しゅげんどう)信仰に伴う芸能であるだけに、鳥海(ちょうかい)山、太平(たいへい)山、神室(かむろ)山などを取り巻く山麓(さんろく)の村々に集中した分布がみられる。諸曲の構成は獅子舞を別格とし、式舞、神舞(かみまい)、番楽舞、女舞、道化(どうけ)舞に分類できる。神社、宿、公民館などを舞台とし、正面奥に幕を張っただけの狭い空間で演じる。囃子(はやし)は太鼓、笛、銅拍子(どうびょうし)の3種。これに拍子木(ひょうしぎ)の加わる所もある。曲趣は神楽というよりはむしろ能に近く、曲によっては大成前の能の古態をとどめているものがあるといわれる。

[高山 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばん‐がく【番楽】
〘名〙 秋田・山形両県に分布する芸能。盆から秋にかけて行なわれる山伏神楽。能の古態を残すといわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

番楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

番楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation