@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

異人【イジン】

デジタル大辞泉

い‐じん【異人】
異国の人。外国人。特に、西洋人をいう。
別の人。他の人。「同名異人
普通の人とはちがってすぐれた人。また、不思議な術を使う人。
「旧家に寄寓してあるいた白石翁という―が」〈柳田・山の人生〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こと‐ひと【異人】
別の人。ほかの人。
「和歌(やまとうた)、あるじも客人(まらうど)も―も言ひあへりけり」〈土佐

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いじん【異人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いじん【異人】
外国人、特に西洋人。 -さん ヘボン
ちがう人。別人。 同名-
普通とはちがう性質・能力をもった人。 『彼は元来-なり』とて、深く咎もし給はず/蘭学事始 本来は、が原義。和英語林集成(1867年)に訳語の一つとして foreigner が載る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ことひと【異人】
他の人。別人。 -にあはせむ/伊勢 10

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐じん【異人】
〘名〙
① 普通でない人。
(イ) すぐれた才能、人格をもった人。偉人。
※臥雲日件録‐文正二年(1467)二月二一日「恵心弟子寛印供奉。異人也」 〔漢書‐公孫弘伝〕
(ロ) この世の者とは思えない姿の人。奇怪な人。
※滑稽本・針の供養(1774)一「かの異人(イジン)呼留給ひ〈略〉『我はこれ地獄の主(あるじ)閻魔大王なり』」
(ハ) いっぷう変わった性質の人。変人。
※蔭凉軒日録‐長享二年(1488)五月七日「晩来狩野大炊助来云、此五六十日在大津。与京兆同所。件々彼三昧話之。実異人也」
(ニ) 不思議な術を行なう人。仙人。
※十善法語(1775)五「天台山にあって異人にあひてその術をつたふる」 〔郭璞‐江賦〕
② ほかの人。別人。
※史記抄(1477)一一「又別人をほめて、此人の行はよい、我も此様に同行すると云わば、説者かまいて其異事異人を文飾してようさうと云へぞ」 〔春秋左伝‐襄公二年〕
③ よその国の人。外人。外国人。
※財政経済史料‐七・経済・外国通商・外船外人取扱・安政元年(1854)四月「亜墨利加船渡来、潟繋之節、異人共橋船にて若上陸之体にも見請候得者」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「売主の異人(ヰジン)も日本がこれほどまで下りゃアしめへと思って積込んで来たところが」
④ ある社会の外側に住むもの。異界に住むもの。よそもの。狭義に、妖怪や鬼を指していうこともある。
[語誌](1)もと「偉人」あるいは「奇怪な人」の意味であったが、次第に「外国の人」の意味で使われるようになった。
(2)開国の頃からは「外国人」も用いられたが、明治期の庶民層では「異人」が最もよく使われた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けな【異】 人(ひと)
① =け(異)な者①〔文明本節用集(室町中)〕
※浄瑠璃・相模入道千疋犬(1714)三「腰元衆によふ思はれ、アアけな人じゃ、気の柔らかな男じゃと」
② =け(異)な者②〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こと‐ひと【異人】
〘名〙
① (当事者あるいは話題になっている人とは)別の人。ほかの人。
※竹取(9C末‐10C初)「こと人よりはけうらなり、と思しける人の、かれに思しあはすれば」
② 血縁などの関係のない人。他人。
※源氏(1001‐14頃)帚木「こと人のいはむやうに心えずおほせらると、中将にくむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

異人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation