@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

異極鉱【いきょくこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

異極鉱
いきょくこう
hemimorphite; calamine
Zn4(OH)2Si2O7・H2O 。斜方異極結晶。白い板状または柱状の結晶をなす。集合して束状,ぶどう状で晶洞中に産する。亜鉛鉱石鉱物閃亜鉛鉱の分解生成物として菱亜鉛鉱と共生する。比重 3.45,硬度5。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いきょくこう【異極鉱 hemimorphite】
亜鉛鉱床などの酸化分解帯などに産出する二次鉱物の一種化学組成はZn4Si2O7(OH)2・H2O。無色透明白色斜方晶系で,短柱状,針状,繊維状結晶の塊状集合体として産出する場合もある。結晶の上下方向両端の形態が異なる特徴により,その名称がつけられた。比重3.3~3.5,モース硬度4.5~5。へき開が明瞭でありガラス光沢を呈する。その形態からも明らかなように異極性が著しく,ピロ電気性を示す。亜鉛のケイ酸塩鉱物であるが,リョウ亜鉛鉱白鉛鉱などと密に混合して産出する場合,鉛・亜鉛の鉱石として利用されたこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

異極鉱
いきょくこう
hemimorphite

ソロ珪(けい)酸塩鉱物の一つ。扁平な結晶として、あるいはそれらが束状に集合して産する。結晶は特徴的な異極像hemimorphy(両端の形が異なる結晶)を示し、名称もその結晶形に由来する。亜鉛鉱床の酸化帯に他の重金属二次鉱物とともに産する。亜鉛の二次鉱物としてもっとも普通に伴うのは、菱(りょう)亜鉛鉱、水亜鉛銅鉱などである。日本では岐阜県の神岡鉱山、大分県佐伯(さいき)市の木浦(きうら)鉱山などに産出した。また、ごくまれに花崗(かこう)岩質ペグマタイト中に産する。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いきょく‐こう ‥クヮウ【異極鉱】
〘名〙 亜鉛を主とするケイ酸塩鉱物で、亜鉛、鉛、鉄の硫化鉱物をともなう石灰質岩中に含まれる。透明または不透明で、淡青色、緑色を呈し、ガラス光沢をもつ。〔鉱物字彙(1890)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異極鉱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

異極鉱の関連情報

関連キーワード

アクア錯塩アクアイオンアルカリ蓄電池ケイ酸塩錯体亜鉛酸化物生物電池ミョウバンタングステン酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation