@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

異素六帖【イソロクジョウ】

デジタル大辞泉

いそろくじょう〔イソロクデフ〕【異素六帖】
洒落本。2巻。沢田東江著。宝暦7年(1757)刊。僧侶歌学者儒者の三人がより集まって遊里について論じるという書名は中国の仏書「義楚六帖」をもじったもの。江戸洒落本といわれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いそろくじょう【異素六帖】
洒落本。2冊。中氏嬉斎(なかうじきさい)(沢田東江(とうこう))作。1757年(宝暦7)江戸で刊行。書名は漢籍《義楚六帖》をもじる。上巻では仏者,歌学者,儒者が会合して,色道,遊興について論を戦わせ,下巻では吉原の遊里に関する種々のを出して,《唐詩選》《百人一首》からそのにあてはまる文句を抜き出し,略画,戯注を加える。上巻では3者それぞれにふさわしい論述主張が,かなり自由な写実的会話文体で描かれ,下巻では卑俗な遊里の細かい習俗などが,古典にこじつけられるおかしさを主とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いそろくじょう【異素六帖】
書名は中国の義楚六帖をもじったもの
洒落本。二巻一冊。江戸の書家、沢田東江作。1757年刊。国学者・儒者・僧侶の三人が遊里を談ずるという筋で、江戸洒落本の先駆。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いそろくじょう イソロクデフ【異素六帖】
洒落本。二巻二冊。中氏嬉斎(沢田東江)作。宝暦七年(一七五七)刊。国学者、儒者、僧侶の三人が遊里のことを談じ、遊里の題に「唐詩選」と「百人一首」の句をつけあうという筋立て。書名は中国の仏書「魏楚六帖」をもじったもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異素六帖」の用語解説はコトバンクが提供しています。

異素六帖の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation