@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

疝気筋【センキスジ】

デジタル大辞泉

せんき‐すじ〔‐すぢ〕【×疝気筋】
疝気のとき痛む筋や筋肉。
正しくない系統。傍系。また、筋道を取り違えること。
「表むきの筋を通した清潔感がすべて他の―を拭き消した生活の仕上図であり」〈石川淳普賢

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんきすじ【疝気筋】
疝気のとき痛む筋肉。
正しくない系統。傍系。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せんき‐すじ ‥すぢ【疝気筋】
〘名〙
① 正しくない系統。傍系。
※浄瑠璃・雪女五枚羽子板(1708)もんさく系図「畠山の重忠も縁者続きの先祖にて、三浦の大介が疝気(センキ)すぢ」
② 筋道を取り違えること。見当違いをすること。
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「そこで見識が自づと狭くなって世間を茶にするとか無学を自慢するとか妙な疝気筋(センキスヂ)に発達した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疝気筋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

疝気筋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation