@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

疾風に勁草を知る【シップウニケイソウヲシル】

デジタル大辞泉

疾風(しっぷう)に勁草(けいそう)を知る
《「後漢書王覇伝から》激しい風が吹いてはじめて丈夫なが見分けられる。苦難にあってはじめて、その人の節操の堅さや意志の強さがわかるということ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっぷう【疾風】 に 勁草(けいそう)を知(し)
(「後漢書‐王覇伝」の「光武謂覇曰、潁川従我者皆逝、而子独留努力、疾風知勁草」から) はげしい風が吹いて初めて強い草が見分けられる。転じて、苦難や事変に遭遇してはじめてその人の節操の堅さや意志の強さなどがわかるというたとえ。
※随筆・山中人饒舌(1813)上「疾風見勁草。晩信直指之道」 〔宋書‐顧顗之伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故事成語を知る辞典

疾風に勁草を知る
苦難に遭ってはじめて、その人の意志の強さや節操の堅さがわかることのたとえ。

[使用例] 古語疾風勁草を知ると云えど、高き枝は折れ易きのたとえに洩れず[末広鉄腸*雪中梅|1886]

[由来] 「後漢書おう伝」に見えるエピソードから。一世紀の中国で、しんという王朝に対する反乱があちこちで生じていたときのこと。豪族の一人、りゅうしゅうも新王朝打倒に立ち上がりましたが、苦戦が続き、旗揚げ当時に付き従っていた者たちは、次々に離れ去ってしまいました。そこで、劉秀は、一人だけ残っていた王覇という武将に向かって、「疾風に勁草を知る(激しい風が吹くと、風に吹き折れない強い草を見分けられるようになる)」と言った、ということです。苦難を共にしてくれた王覇の助けもあり、後に劉秀は天下を統一して、後漢王朝を開くことになります。

出典:故事成語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

疾風に勁草を知る」の用語解説はコトバンクが提供しています。

疾風に勁草を知るの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation