@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

痘痕【アバタ】

デジタル大辞泉

あばた【痘痕】
《〈〉arbudaの音写。皮膚の水疱(すいほう)の痘瘡(とうそう)が治ったあとの皮膚に残る小さなくぼみ。じゃんこ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いも【痘痕】
《「いもがさ」の略》
痘瘡(とうそう)天然痘
「笑ひ盛りなる緑子(みどりご)を…あらあらしき―の神に見込まれつつ」〈おらが春
痘瘡のあと。あばた。
「ちっとべい―はあるがと村仲人」〈柳多留・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐こん【痘痕】
痘瘡(とうそう)のあと。あばた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あばた【痘痕】
arbuda(かさぶた)からか
天然痘にかかって治ったあと、顔の皮膚に残る小さなくぼみ。じゃんこ。また、そのようなでこぼこ。 -面づら
[句項目] 痘痕も靨

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とうこん【痘痕】
痘瘡とうそうのあと。あばた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あばた【痘痕】
〘名〙 天然痘がなおったあと、顔面に残る発疹の跡。また、そのような形状のもの。いも。じゃんこ。みっちゃ。
※俳諧・炭俵(1694)下「夏草のぶとにさされてやつれけり〈其角〉 あばたといへば小僧いやがる〈孤屋〉」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「大粒な痘痕(アバタ)があるけれど、上塗に工数(くかず)がかかったから見えねへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いも‐くし【痘痕】
〘名〙 (「いも」は天然痘、また、その治った跡。「くし」も同意という) あばた。
※俳諧・継尾集(1692)四「小屑灰(コズばひ)に歯黒の皿を突すへて〈如行〉 いもくしの名を立るいさかひ〈支考〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう‐こん【痘痕】
〘名〙 痘瘡(とうそう)のあと。あばた。いも。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉初「頬辺の痘痕も掩ふ可からず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

痘痕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

痘痕の関連情報

関連キーワード

頞浮陀頞浮陀地獄

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation