@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

痰切豆【タンキリマメ】

デジタル大辞泉

たんきり‐まめ【×痰切豆】
マメ科の蔓性(つるせい)の多年草暖地山野にみられ、全体に褐色の毛がある。葉は3枚の小葉からなる複葉。夏、黄色い蝶形花をつけ、秋に(さや)が赤く熟すと2個の黒い種子を出す。種子を煎(せん)じて痰を切る民間薬にする。外郎豆(ういろうまめ)。巾着豆(きんちゃくまめ)。きつねまめ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

痰切豆 (タンキリマメ)
学名:Rhynchosia volubilis
植物。マメ科のつる性多年草

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

痰切豆 (タンキリマメ)
植物。マメ科のつる性一年草。ツルマメの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんきり‐まめ【痰切豆】
〘名〙
① マメ科のつる性多年草。関東以西の各地、朝鮮、中国、フィリピンの山野に生える。全体に褐色の軟毛を密布。つるは長く伸びて他物にからむ。葉は三小葉からなり、各小葉は倒卵状菱形で中央部から先が最も幅広く長さ三~五センチメートル。夏、葉腋から短い花柄を出し、黄色い蝶形花を一〇~二〇個つける。莢(さや)は扁平で赤く熟し長さ約一・五センチメートルではじけて二個の黒色の種子を出す。豆を煎じて飲むと痰の切れがよくなるというところからこの名がある。漢名、穭豆、鹿蕾。
※俳諧・千宜理記(1675)三「歌読のたんきり豆やけふの月〈貞因〉」
② 植物「つるまめ(蔓豆)」の異名。〔物品識名(1809)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

痰切豆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

痰切豆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation