@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【たん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


たん
sputum
喀痰。によって吐き出される気道分泌物本来は気道粘膜の保護物質であるが,外部環境の変化とか疾病によって分泌量がふえたり,喘息の場合などに粘稠度がふえると,患者は不快を訴えるようになる。呼吸器に原因疾患があると痰から腫瘍細胞,結核菌,肺炎菌などを検出でき,診断の一資料となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん【×痰】
気道から吐き出される粘液性の分泌物。「を切る」
痰に悩む病気。
「久しう―を煩うて」〈浄・丹波与作

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん【痰】[漢字項目]
[音]タン(漢)
気管から出る粘液。「痰壺(たんつぼ)喀痰(かくたん)血痰検痰去痰薬

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たん【痰 sputum】
気道から吐き出される粘稠性のある液状物質で,喀痰(かくたん)ともいう。そのおもな成分は気管や気管支の粘膜からの分泌液であるが,これに炎症や鬱血(うつけつ)などによる種々の細胞を含んだ滲出液や,外部から侵入した細菌塵埃(じんあい)などの異物と吐き出す際に加わる唾液が混じっている。 健康人では1日に約100mlの気道分泌液がつくり出されており,これらは気道粘膜の繊毛上皮細胞の繊毛運動によって,細菌やほこりなどの異物とともにたえず口腔に向かって送り出され,無意識のうちに食道に飲み込まれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たん【痰】
気管から出る粘液性の分泌物。
漢方で、正常でない病的な体液。
[句項目] 痰を切る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん【痰】
〘名〙
① 咳(せき)や咳ばらいをしたときに、気管から吐き出される分泌物。無色で粘液性のものや粘液膿性のものがある。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)三「息をもえせいで痰がつまる者ぞ」
② 漢方医学で、正常でない病的な体液をいう。漢方では咳嗽、喀痰は水滞(本来水が停滞しないところに水が偏在したり、全身に水が停滞すること)の徴候と考えていた。
※御湯殿上日記‐明応九年(1500)九月二六日「あけほとに御たんの御わつらいちとありて、この程よりもむつかしき御やうにみえさします」
③ (「たん(痰)を切る②」から) えらそうな口をきくこと。威勢よく物を言うこと。また、そのことば。
※浄瑠璃・男作五雁金(1742)越後町局炭火の段「彼のぶうぶうの文七さんを甲に着て、常々清川さんのたんが撰(ゑら)び」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

痰(咳・痰)
概念・機序
 健常者でも1日約10~100 mLの気道分泌物があり,おもに気管支の気管支腺や杯細胞から産生される.気管支腺は粘液細胞と漿液細胞からなる混合腺である.粘液細胞は糖蛋白を分泌し粘稠度を増加させる.漿液細胞は水分,電解質,分泌型IgA,分泌型IgM,リゾチームなどを分泌し,粘稠度を低下させる.産生された粘液は気道上皮表面を薄く覆い,気道の乾燥を防ぐとともに,吸入された塵埃や微生物をとらえる.その後,気道上皮細胞の繊毛運動により中枢気道に送られ,喉頭で無意識に嚥下されている.種々の原因により気管支腺や杯細胞が刺激されたり,それらの肥大化や増生が促されると気道分泌物量が増加し,痰として自覚される.すなわち痰とは気道の過剰分泌物である.ときに後鼻漏や気道に吸引された唾液,肺実質の化膿性分泌物,肺胞への漏出物や滲出物が痰として喀出されることがある.
 痰が気道に滞留したり,喉頭でからむとぜろぜろとした咳となり,いわゆる湿性咳嗽となる.またしばしば気道を閉塞し,呼吸困難や無気肺,閉塞性肺炎,低換気による低酸素血症の原因となる.
原因
 痰を生じる原因で最も重要なものは気道感染である.特に細菌性では好中球が動員され,その結果好中球に多く含まれるペルオキシダーゼにより痰は黄緑色となる.そのような痰は膿性とよばれる.痰に臭気を伴う場合には嫌気性菌感染が疑われる.非膿性痰のうち,粘稠度の高いものは粘液性とよび,そうではないものは漿液性とよぶ.粘液性の痰は喘息,急性気管支炎などでみられ,漿液性痰は肺水腫,喉頭炎,肺胞上皮癌などで,膿性痰は気管支拡張症,びまん性汎細気管支炎,慢性気管支炎,肺化膿症などで観察されることが多い.喘息では発作時に特に粘稠な痰が増加し,攣縮を起こした気道の内腔をさらに狭める.肺水腫では肺胞へ血漿成分が漏出するために,漿液性からときに泡沫状の喀痰が喀出される.肺胞上皮癌ではきわめて大量の漿液性喀痰が産生されることがあり,気管支漏とよばれる.
臨床検査
 痰には気道や肺実質の病変に関する多くの情報が含まれている.感染症の原因菌同定のために,痰を用いた細菌の塗抹検鏡,培養,同定が行われる.痰が下気道由来で細菌学的検査に適しているか否かの評価は重要である.そのための痰の肉眼的性状を表すMiller-Jones分類を表2-35-1に示す.膿性が強くなるほど細菌学的検査には有用である.Gram染色による細菌の形態や染色性から,肺炎球菌,黄色ブドウ球菌,モラクセラ・カタラーリス菌,インフルエンザ菌,緑膿菌などは推定可能である.白血球によるそれらの菌の貪食像があれば,原因菌である可能性が高い.貪食像がなくとも定量培養で106~107 CFU (コロニー形成単位)/mL以上であれば,原因菌である可能性が高い.また痰の細胞診により,悪性細胞の有無を検査する.さらに痰中の炎症細胞の主体が好中球であれば原因病態が感染症の可能性が高く,好酸球であればアレルギー性の要素が大きい.
治療
 治療は,痰を産生する原因を明らかにし,それに対して適切な治療をすることが主体となる.細菌感染であれば,適切な抗菌薬を投与する.対症療法として粘稠な痰に対して粘液溶解剤を使用する.β2刺激薬も狭窄した気道を拡張させて痰の喀出を促進し,咳を鎮める働きを期待して使用されることがある.しかし,逆に気管支腺を刺激して粘液分泌を増強させることがあるので注意が必要とされる.[山口悦郎]
■文献
木村 弘,山田嘉仁:喀痰,血痰,喀血.チャートで学ぶ病態生理学,第2版(川上義和,他編),pp40-41,中外医学社,東京,2000.永井厚志:痰.今日の診断指針,第5版(亀山正邦,他編),pp337-338,医学書院,東京,2002.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

日本大百科全書(ニッポニカ)


たん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

痰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation