@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

癌抑制遺伝子【がんよくせいいでんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

癌抑制遺伝子
がんよくせいいでんし
tumor inhibitory gene
を抑える遺伝子網膜芽細胞腫という網膜にできる小児の癌で最初に見つかった。網膜芽細胞腫は遺伝性の癌で,両親から伝えられる一対の遺伝子の両方に異常がある場合にのみ発症し,一方が正常なら発症が抑えられる。この正常な遺伝子が網膜芽細胞腫の抑制遺伝子というわけで,第 13番染色体に乗っていることがわかっている。また,日本の理化学研究所では,ラスという遺伝子によって癌化した細胞に導入したヒトのさまざまな DNAの中に癌細胞を正常に戻す働きを示すもの,すなわち癌抑制遺伝子があることを見出した。この抑制遺伝子は reversion (復帰) にちなんでレブ1と名づけられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

がんよくせい‐いでんし〔‐ヰデンシ〕【×癌抑制遺伝子】
発生を抑制する機能を持つたんぱく質をつくる遺伝子。細胞の増殖抑制、損傷したDNA修復細胞死アポトーシス)の誘導などに関与し、癌抑制遺伝子に異常が生じると、細胞の癌化が促進される。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

がんよくせいいでんし【癌抑制遺伝子】
細胞が正常であるために必要であるが、結果として癌の発生を抑えているような遺伝子。その欠失が癌発生の一因となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

癌抑制遺伝子
がんよくせいいでんし
細胞内にあり、癌化を促進する癌遺伝子の働きを抑えることによって癌化を抑える遺伝子。発癌には数個から10個もの癌遺伝子がかかわっているが、1個あるいは複数の癌抑制遺伝子が欠けると、急速に発癌したり、癌が悪化したりするとされる。1986年にアメリカのワインバーグ博士らが、網膜細胞芽腫(がしゅ)や骨肉腫、膀胱(ぼうこう)癌などに関係する「RB遺伝子」を初めて分離し、この分野の研究を開いた。よく知られているものでは、大腸癌や乳癌に関係する「p53遺伝子」、家族性ポリポーシス患者からみつかった「APC遺伝子」がある。家族性ポリポーシスは大腸に多数のポリープができ、しかも高率で癌になる遺伝病で、この患者は第5染色体にあるAPC遺伝子の1か所に異常をもっていた。この病気の場合はAPC遺伝子の異常で発病し、癌遺伝子、さらに別の癌抑制遺伝子の異常などによって癌になることが解明されている。[田辺 功]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癌抑制遺伝子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

癌抑制遺伝子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation