@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

癌腫【ガンシュ】

デジタル大辞泉

がん‐しゅ【×癌腫】
皮膚の表皮、消化管の粘膜、肝臓といった上皮性細胞から生じた悪性腫瘍(しゅよう)癌化した細胞が増殖・浸潤・転移し、進行すると疼痛が激しく、全身状態が悪化する。発生部位により、胃癌肺癌乳癌などとよぶ。。→肉腫

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

がんしゅ【癌腫】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

がんしゅ【癌腫】
表皮・粘膜・腺組織にできる悪性の腫瘍。組織を破壊し、各所に転移を起こす。肺癌・胃癌・直腸癌・乳癌・皮膚癌などがある。 → 肉腫

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

がん‐しゅ【癌腫】
〘名〙
① 上皮組織から発生した悪性腫瘍(しゅよう)。肉腫とともに癌と総称されている。癌細胞が互いに密接して固まり、線維や粘液物質などが取り巻いて蜂窩状構造をなす。〔医語類聚(1872)〕
② 比喩的に、ある機構や組織の中で大きな障害となっているもの。癌。
※兆民文集(1909)〈中江兆民〉放言「社会の癌腫たる条約改正事件に就て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

癌腫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

癌腫の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation