@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

発券銀行【はっけんぎんこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

発券銀行
はっけんぎんこう
bank of issue
銀行券の発行を行う銀行。今日では世界のほとんどの国で銀行券の発行はその国の中央銀行に集中されているため,発券銀行はすなわち中央銀行である。しかし 19世紀中頃以前は各国とも銀行が自由に銀行券を発行する権利をもち,これによって運用資金を調達していた。 1844年のピール銀行条例制定により,イングランド銀行が銀行券発行の独占権をもつようになったが,これを契機に各国は今日の銀行券発行集中制度への道を進むこととなった。日本でも 82年に日本銀行が設立される以前には国立銀行がそれぞれ銀行券を発行していた。しかしこうした自由銀行主義はしばしば銀行券の乱発,不換化を伴い,経済上大きな混乱を招くにいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はっけんぎんこう【発券銀行】
銀行券を発行する銀行。銀行券はかつては同一の国内で複数の銀行により発行されたこともあるが,金融制度の発達に伴って中央銀行が設立されると,しだいに中央銀行による発行が主体となり,現在では日本の日本銀行をはじめ中央銀行が独占的に発行しているのが普通である。したがって,発券銀行という言葉は中央銀行の銀行券発行という機能に着目した呼称ということができる。【吉国 真一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はっけんぎんこう【発券銀行】
銀行券を発行する権能を有する銀行。日本では、日本銀行。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はっけん‐ぎんこう ‥ギンカウ【発券銀行】
〘名〙 銀行券発行の権能を有する銀行。日本では、明治時代の国立銀行、現在の日本銀行がこれに該当。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はっけん‐ぎんこう〔‐ギンカウ〕【発券銀行】
銀行券発行の権能を有する銀行。日本では、日本銀行

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発券銀行」の用語解説はコトバンクが提供しています。

発券銀行の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation