@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

発議【はつぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

発議
はつぎ
議員が議案議院に付することを求めること (国会法 56) 。発議するには,衆議院の場合は 20人以上,参議院の場合は 10人以上の議員賛成を必要とし,予算を伴う法律案を発議するには,衆議院の場合は 50人以上,参議院の場合は 20人以上の賛成を必要とする (同条1項) 。なお,日本国憲法 96条は,「この憲法の改正は,各議院の総議員の3分の2以上の賛成で,国会が,これを発議し,国民に提案してその承認を経なければならない」と定めるが,ここに発議とは,国民投票に付すべき憲法改正案を決定するという意味である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はつ‐ぎ【発議】
[名](スル)
会議の席で意見などを言い出すこと。ほつぎ。「改革案を発議する」
議員が議案を議院に提出して審議を求めること。ほつぎ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつ‐ぎ【発議】
[名](スル)はつぎ(発議)」に同じ。「改革案を発議する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はつぎ【発議】
スル
ほつぎとも
意見を出すこと。 吾之れを-せざるも猶ほ自から上京せんと企て居たりし也/欺かざるの記 独歩
合議体で、議員が議案を提出すること。 修正案を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつぎ【発議】
スル
会議で、議案や意見などを出すこと。はつぎ。 条約改正を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

発議
はつぎ
会議体において議案等を提出することをいう。国会においては、議員はその所属する議院のすべての議決事項に関し原則的に発議権を有すると考えられるが、予算、条約、皇室関係の財産の授受、内閣の行為に対する承認などについては発議権はない。国会法は、発議に一定数の賛成者を必要としている。すなわち、予算を伴わない法律案については衆議院では議員20人、参議院では議員10人以上の賛成者を必要とし、予算を伴う法律案については、衆議院50人、参議院20人以上の賛成者を要する(56条1項)。また、憲法改正に関する国会の発議は、各議院の総議員の3分の2以上の賛成を必要とし、国民投票によりその過半数の賛成による承認を必要とする(憲法96条1項)。[山野一美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はつ‐ぎ【発議】
〘名〙
① 議論・意見などを言い出すこと。ほつぎ。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一「計画を発議したるは」 〔南斉書‐明僧紹伝〕
② 合議体で、議事の対象となるべき議案を提出すること。発案。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほつ‐ぎ【発議】
〘名〙 会議などで意見や議論をとなえだすこと。はつぎ。
※暑中休暇(1892)〈巖谷小波〉三「岸上の発議(ホツギ)に皆々同意し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

発議の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation