@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

登り窯【のぼりがま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

登り窯
のぼりがま
陶磁器焼成のための一種傾斜地に数室が連続して造られている。各室の天井はかまぼこ形で,部屋の前部にいくつかのがあけられ,後部には,下の窯から焚きだした火が登っていくように穴があいている。中国,朝鮮では古くから使われていたが,日本では戦国時代に朝鮮から取入れられて全国に広まり,現在もなお美術品や民芸品の制作に用いられている。ヨーロッパでも近代になって,中国より導入して使われている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

のぼり‐がま【登り窯】
陶磁器を焼くの一。丘などの傾斜面に階段状に数室から十数室の房を連続して築いたもの。第一室の燃焼の余熱を各室に利用する。中国・朝鮮で開発され、日本では朝鮮系の唐津焼が初めて築いた。
[補説]書名別項。→のぼり窯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

のぼりがま【登り窯】
陶磁器焼成用の窯の一。丘などの傾斜面に設ける連房式の窯で、最下部に焚き口、最上部に煙出しがある。その間に焼成用の室が幾室も設けられ、上に行くほど余熱の効果で早く焼成できる。広義には窖窯あながまをもさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

登り窯
(鳥取県鳥取市)
伝えたいふるさと鳥取の景観100景指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

登り窯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

登り窯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation